研究者
J-GLOBAL ID:201801021333427716   更新日: 2021年03月30日

孫田 惠一

マゴタ ケイイチ | Magota Keiichi
所属機関・部署:
職名: 副診療放射線技師長
ホームページURL (1件): http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~houbu-w/index.html
研究分野 (2件): 量子ビーム科学 ,  放射線科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 デジタル半導体PET装置による被曝低減・定量精度向上を担保した画像構築法の開発
論文 (42件):
  • Osamu Manabe, Shigeru Yamaguchi, Kenji Hirata, Kentaro Kobayashi, Hiroyuki Kobayashi, Shunsuke Terasaka, Takuya Toyonaga, Keiichi Magota, Yuji Kuge, Nagara Tamaki, et al. Preoperative Texture Analysis Using 11C-Methionine Positron Emission Tomography Predicts Survival after Surgery for Glioma. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2021. 11. 2
  • Keiichi Magota, Naoto Numata, Daiki Shinyama, Junya Katahata, Yamato Munakata, Piotr J Maniawski, Kentaro Kobayashi, Osamu Manabe, Kenji Hirata, Ukihide Tateishi, et al. Halo artifacts of indwelling urinary catheter by inaccurate scatter correction in 18F-FDG PET/CT imaging: incidence, mechanism, and solutions. EJNMMI physics. 2020. 7. 1. 66-66
  • Hironobu Hata, Tomoka Kitao, Jun Sato, Takuya Asaka, Kenji Imamachi, Masaaki Miyakoshi, Kenji Hirata, Keiichi Magota, Yamato Munakata, Tohru Shiga, et al. Quantitative bone single photon emission computed tomography analysis of the effects of duration of bisphosphonate administration on the parietal bone. Scientific reports. 2020. 10. 1. 17461-17461
  • Osamu Manabe, Ran Klein, Chietsugu Katoh, Keiichi Magota, Robert A deKemp, Masanao Naya, Nagara Tamaki, Keiichiro Yoshinaga. Validation of regional myocardial blood flow quantification using three-dimensional PET with rubidium-82: repeatability and comparison with two-dimensional PET data acquisition. Nuclear medicine communications. 2020. 41. 8. 768-775
  • Shiro Watanabe, Ken-Ichi Nishijima, Shozo Okamoto, Keiichi Magota, Kenji Hirata, Takuya Toyonaga, Tohru Shiga, Yuji Kuge, Nagara Tamaki. Biodistribution and internal radiation dosimetry of a novel probe for thymidine phosphorylase imaging, [123I]IIMU, in healthy volunteers. Annals of nuclear medicine. 2020
もっと見る
MISC (85件):
書籍 (6件):
  • フルカラーCGで学ぶ 核医学検査のテクニック
    メジカルビュー社 2020 ISBN:4758320195
  • 超実践マニュアル~核医学~
    医療科学社 2016 ISBN:4860034775
  • わかりやすい核医学
    文光堂 2016 ISBN:4830637455
  • Molecular imaging for integrated medical therapy and drug development
    Springer 2009 ISBN:9784431980735
  • PET検査・診断ー基礎のキソ
    金原出版 2008 ISBN:430707081X
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2011 北海道大学大学院医学研究科 博士課程
  • 2005 - 2007 北海道大学大学院医学研究科 修士課程
  • 1997 - 2000 北海道大学医療技術短期大学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (北海道大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 北海道大学 医学部 保健学科 臨床指導教授
  • 2019/04 - 現在 東京医科歯科大学 非常勤講師
  • 2016/04 - 現在 北海道大学病院 医療技術部 副診療放射線技師長
  • 2018/04 - 2020/03 北海道大学 医学部保健学科 臨床指導准教授
  • 2017/06 - 2018/06 VU Medical Center Amsterdam Department of Radiology & Nuclear Medicine Guest researcher
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 日本放射線技術学会 核医学部会委員会
  • 2019/04 - 現在 J-QIBA
  • 2016/04 - 現在 日本核医学技術学会北海道地方会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本放射線技術学会北海道支部 核医学専門委員会副委員長
  • 2014/10 - 2016/10 日本核医学技術学会 論文投稿推進委員会東日本班
全件表示
所属学会 (4件):
日本分子イメージング学会 ,  日本核医学技術学会 ,  日本核医学会 ,  日本放射線技術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る