研究者
J-GLOBAL ID:201801021456705630   更新日: 2020年06月02日

永井 将史

ナガイ マサシ | 永井 将史
所属機関・部署:
職名: 講師
研究キーワード (2件): 野外教育 ,  野外運動
論文 (12件):
  • 佐藤理恵, 永井将史, 烏賀陽信央, 及川佑介. 2020年東京オリンピック・パラリンピックに対する本学学生の意識. 2020. 14. 15-22
  • 永井将史, 武藤伸司. アウトドアスポーツに関する授業プログラムにおける学修成果と学修過程の検討. 東京女子体育大学・東京女子体育短期大学紀要. 2020. 5. 55. 13-28
  • 永井将史, 武正憲, 浜泰一. トレイルランナーの属性および参加動機と環境に対する意識の関係. ランドスケープ研究. 2019. 82. 5. 499-504
  • 掛水通子, 及川祐介, 烏賀陽信央, 永井将史, 長谷川千里, 筒井孝子, 大石千歳. 本学体力テスト小史. 東京女子体育大学女子体育研究所所報. 2019. 13. 3-34
  • 永井将史, 田島真沙美. 野外活動実習が女子体育大生の大学適応感に及ぼす影響. 東京女子体育大学・東京女子体育短期大学紀要. 2019. 54. 45-55
もっと見る
書籍 (1件):
  • 野外教育入門シリーズ第5巻 冒険教育の理論と実践
    杏林書院 2014
講演・口頭発表等 (10件):
  • トレイルランナーの属性および参加動機と環境に対する意識の関係
    (2019年度日本造園学会全国大会 2019)
  • トレイルランニング競技大会への参加動機と競技距離の関係
    (平成30年度日本造園学会全国大会 2018)
  • 地域活性化に貢献するキャンププログラムに関する研究
    (日本キャンプ協会日本キャンプ会議 2010)
  • 幼児とその頬者における自然体験の現状-子どもの育つ環境による自然体験の違い-
    (日本キャンプ協会日本キャンプ会議 2009)
  • ロールレタリングを用いたスタッフトレーニングプログラムの開発
    (日本キャンプ協会日本キャンプ会議 2009)
もっと見る
Works (4件):
  • 変わるもの・変わらないもの
    2016 -
  • キャンプカウンセリングに悩むリーダーに介入するか
    2010 -
  • 柏崎市類似施設連携の可能性調査(指定管理者制度導入可能性調査)
    田辺慎一, 永井将史, 遠藤晋 2010 -
  • より自然な実践指導を目指して
    2007 -
学歴 (2件):
  • 2001 - 2003 筑波大学 コーチ学専攻
  • 1996 - 2000 信州大学 生涯スポーツ課程生涯スポーツ専攻
学位 (2件):
  • 教育学士 (信州大学)
  • 修士(体育学) (筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04/01 - 現在 東京女子体育短期大学 児童教育学科 体育実技 講師(兼任)
  • 2016/04/01 - 現在 東京女子体育大学 体育学部体育学科 体育実技 講師
  • 2016/04/01 - 現在 東京女子体育短期大学 保健体育学科 体育実技 講師(兼任)
  • 2010/04 - 2016/03 学校法人新潟総合学院 国際自然環境アウトドア専門学校 副校長
  • 2007/04 - 2010/03 学校法人新潟総合学院 国際自然環境アウトドア専門学校 教務部長
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2010/01 - 現在 NPO法人日本雪崩ネットワーク 会員
  • 2019/11 - 2021/10 公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団 トム・ソーヤースクール企画コンテスト審査委員会 委員
  • 2019/11 - 2020/10 独立行政法人国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金専門委員会 委員
  • 2018/01 - 2018/06 日本野外教育学会 第21回大会実行委員会 委員
  • 2017/06 - 2018/06 日本野外教育学会 選挙管理委員会 委員長
全件表示
所属学会 (2件):
日本野外教育学会 ,  日本造園学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る