{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802210552445052   整理番号:18A0995037

ミクロおよびナノRaman分光法を用いた高秩序化単分子層中に集合したBaTiO_3ナノキューブのキャラクタリゼーション【JST・京大機械翻訳】

Characterization of BaTiO3 nanocubes assembled into highly ordered monolayers using micro- and nano-Raman spectroscopy
著者 (4件):
資料名:
巻: 112  号: 21  ページ: 212901-212901-5  発行年: 2018年
JST資料番号: H0613A  ISSN: 0003-6951  CODEN: APPLAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
チタン酸バリウム(BaTiO_3,BT)ナノキューブの結晶構造及び強誘電相転移挙動に及ぼす熱処理の影響を,チップ増強Raman分光法(TERS),温度依存顕微Raman分光法及び走査透過型電子顕微鏡(STEM)を用いて調べた。約20nmのサイズをもつ個々のBTナノキューブからのTERスペクトルを,側面照明光学装置で得て,熱処理がそれらの正方性を強化することを明らかにした。温度依存顕微Raman分光法の結果は,単分子層の強誘電相転移挙動がそれらの厚さにもかかわらず熱処理を通してバルクBTのそれと類似していることを示した。加熱BTナノキューブ単分子層の断面に対するステム観察は,非晶質層が対面接触におけるBTナノキューブ間の界面に存在することを示した。これらの結果は,BTナノキューブの正方晶結晶構造が熱処理により安定化され,熱処理中の界面非晶質層の形成がこの現象の鍵であることを示した。(翻訳著者抄録)【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
半導体薄膜  ,  太陽電池  ,  酸化物薄膜 

前のページに戻る