{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802213440784332   整理番号:18A1204270

小宇宙デブリの現場測定のための環境推定モデル【JST・京大機械翻訳】

An environmental estimation model for in-situ measurements of small space debris
著者 (2件):
資料名:
巻: 62  号:ページ: 533-541  発行年: 2018年
JST資料番号: H0831A  ISSN: 0273-1177  CODEN: ASRSDW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
地上観測によって検出できない2mmより小さい宇宙デブリは,宇宙船のミッション端に導く可能性がある。したがって,IDEAは,マイクロサテライトのグループを用いてサブミリメータサイズのデブリを検出することを目的とする,in situ Debbris Environmental Awarityのプロジェクトが九州大学で開始されている。プロジェクトからの現場測定に基づくデブリ環境を推定するために,本論文は逐次モンテカルロ(SMC)フィルタによる環境推定モデルを提案した。最初に,本論文では,その場測定により破片の片を検出できる軌道の性質を調べた以前の研究をレビューし,この現象をSMCフィルタのアルゴリズムに適用した。第二に,提案したモデルを,ヨーロッパ宇宙機関で開発された環境モデルであるMASTER-2009を用いたシミュレーションにより評価した。MASTER-2009によって予測されたデブリ分布とシミュレーション推定の間の比較は,提案したモデルが十分にデブリ環境を推定することができることを証明した。最後に,本論文は,推定に及ぼす測定期間の影響も調査した。従って,本論文で提案し評価した推定モデルは,その場測定によりサブミリメータサイズのデブリ環境のより良い定義を提供できると結論した。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
宇宙飛行体 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る