{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802215298071675   整理番号:18A0795234

飲料水処理過程における農薬と農薬変換生成物の除去と塩素化後の変異原生成ポテンシャルに及ぼすそれらの影響【JST・京大機械翻訳】

Removals of pesticides and pesticide transformation products during drinking water treatment processes and their impact on mutagen formation potential after chlorination
著者 (9件):
資料名:
巻: 138  ページ: 67-76  発行年: 2018年
JST資料番号: B0760A  ISSN: 0043-1354  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
飲料水処理(凝固-沈降,活性炭吸着,オゾン処理)の段階での28種の農薬変換生成物(TP)と15種の親農薬の除去効率を実験室規模のバッチ実験により推定し,各段階での除去の基礎となる機構を回帰分析により解明した。粉末活性炭(PAC)処理による除去は,pH7においてlog K_owと正に相関した。最高被占分子軌道(HOMO)のエネルギー準位が説明変数として添加されたとき,決定の調整係数(r2)は増加し,PAC粒子への吸着が疎水性相互作用により大きく支配されることを示唆した。残留誤差は,PAC粒子のグラフェン表面と吸着質の間のπ-π電子ドナー-アクセプタ相互作用によって部分的に説明できた。オゾン処理による除去はHOMOのエネルギー準位と正の相関を示し,これは比較的高いエネルギー準位HOMOsを持つ化合物がオゾンの最低非占有分子軌道に電子をより容易に移動できるからである。全体として,TPは,それらの親農薬よりPAC吸着とオゾン処理を通して除去するのがより難しい傾向があった。しかし,PAC吸着により除去することが困難なTPは塩素化後に強い変異原性を誘導せず,塩素化後の強い変異原性に関連するTPはPAC吸着により除去できた。従って,PAC吸着は飲料水処理の効果的な方法であり,TPとその親農薬の両方に関連する塩素化後変異原性の可能性を低減すると仮定される。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
用水の化学的処理  ,  その他の汚染原因物質 

前のページに戻る