{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802215762488971   整理番号:18A1064188

N-Myc下流調節遺伝子2は脳虚血後の血液脳関門完全性を保護する【JST・京大機械翻訳】

N-myc downstream-regulated gene 2 protects blood-brain barrier integrity following cerebral ischemia
著者 (16件):
資料名:
巻: 66  号:ページ: 1432-1446  発行年: 2018年
JST資料番号: W0157A  ISSN: 0894-1491  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
脳虚血後の血液脳関門(BBB)の破壊は,脳への末梢細胞の浸潤,病変形成の進行,および臨床的悪化に密接に関連している。しかしながら,BBB完全性を調節する機構は,特に永続的虚血後,不明のままである。ここでは,分化およびストレス関連分子である星状細胞N-mycダウンストリーム調節遺伝子2(NDRG2)が,永久脳虚血のマウスモデルを用い,虚血性脳卒中後のBBB透過性の調節因子として機能することを示した。免疫組織学的分析は,NDRG2の発現が,永続的中大脳動脈閉塞(MCAO)後の星状細胞において主に増加することを示した。Ndrg2の遺伝的欠失は,虚血後の同側脳半球への梗塞容積の増加したレベルと免疫細胞の蓄積を示した。MCAO後のフィブリノーゲンおよび免疫グロブリンを含む血清蛋白質の溢出は,Ndrg2欠損マウスの同側皮質における梗塞周辺領域の虚血性コアおよび血管周囲領域で増強された。さらに,MCAO後のマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)の発現はNdrg2-/-マウスで著しく増加した。培養において,MMP-3の発現と分泌はNdrg2-/-星状細胞で増加し,この増加はNDRG2のアデノウイルス仲介再発現により逆転した。これら所見は,星状細胞で発現するNDRG2が,脳虚血後のMMP発現の調節を介し,BBB透過性および免疫細胞浸潤の調節に重要な役割をすることを示す。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
神経の基礎医学 

前のページに戻る