{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802219260229938   整理番号:18A1351377

SPring-8兵庫ビームラインBL24XUにおけるその場構造解析のための大気コヒーレントX線回折イメージング【JST・京大機械翻訳】

Atmospheric coherent X-ray diffraction imaging for in situ structural analysis at SPring-8 Hyogo beamline BL24XU
著者 (6件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 1229-1237  発行年: 2018年
JST資料番号: W0763A  ISSN: 0909-0495  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コヒーレントX線回折イメージング(CXDI)はナノメータ分解能でのマイクロメータサイズの非結晶試料の非破壊構造解析のための有望な技術である。本論文では,SPring-8兵庫ビームラインBL24XUで開発された大気CXDIシステムを,その場構造解析用に開発し,8keVの光子エネルギーでの実験用に設計した。この比較的高いX線エネルギーは,自然状態における試料の可視化に有利な大気条件下での実験を可能にする。ピンホールスリット光学による照明条件をFresnel-Kirchhoff回折公式に基づく波動伝搬計算に従って最適化し,試料を平面波面でX線で照射し,約1×10~10光子/16μmo(FWHM)/sの高光子束を照射した。本研究では,サブミクロンサイズのコロイド状金粒子の内部ボイドを29.1nmの分解能で可視化することにより,大気CXDIシステムのイメージング性能を実証した。制御された湿度の下での単一のマクロ多孔性シリカ粒子によるCXDI実験も,システムに自家製の湿度制御装置を設置することによって実行された。それぞれ133および217nmの分解能で5.2%RH(相対湿度)および82.6%RHにおける予測電子密度マップの湿度変化および再構成による回折パターンの変化のその場観察を達成した。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
X線回折法 

前のページに戻る