{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802228177065352   整理番号:18A0268607

知覚交替に及ぼすオンライン脳活動の効果を研究するための点過程モデリングアプローチ【Powered by NICT】

A point process modeling approach for investigating the effect of online brain activity on perceptual switching
著者 (6件):
資料名:
巻: 152  ページ: 50-59  発行年: 2017年
JST資料番号: W3139A  ISSN: 1053-8119  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多重解釈を可能にする多義図形を見ている時,筆者らの解釈は自発的に可能なオプションを切り替える。このような自発的な交替は知覚交替と呼ばれ,トップダウン選択的注意により調節される。本研究では,知覚交替は,自発的に生ずるバックグラウンドレベルおよび損傷誘発活性を含む連続脳活動としてオンライン活性を定義するオンライン脳活動の効果を研究するための点過程モデリングアプローチを提案した。より詳しくいえば,ここでは,脳波(EEG)データを用いたネッカー立方体知覚の間の知覚交替をモデル化した。著者らの方法は,点過程モデルの枠組み,一連のイベントの統計的モデルに基づいている。知覚切替え現象を確率過程として,データ駆動的にそのモデルを構築した。オンライン活性回帰モデルと呼ばれるモデル,オンライン脳活動は知覚交替に対する興奮性または抑制効果を持つかどうかを決定することができ,を開発した。実験データへのオンライン活性回帰モデルを適合させると多重比較のための補正付きの尤度比試験を適用することにより,知覚交替に及ぼす顕著な影響を持つ脳領域と周波数帯を調べた。結果はオンライン後頭α活性の調節は,伴わない解釈への知覚交替の抑制を仲介することを示した。このようにして,提案手法では,脳活動の全時間経過,知覚交替前後の脳活動のみに焦点を当てることにより解決することが困難なを考慮した自然による注意プロセスの動的記述を提供する。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
中枢神経系  ,  生体計測 

前のページに戻る