{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802229815139232   整理番号:18A0582502

海洋同位体ステージ5e,最後から2番目の中のオホーツク海中央部間氷期中の砕屑性入力,換気と生産性の変化【Powered by NICT】

Changes in detrital input, ventilation and productivity in the central Okhotsk Sea during the marine isotope stage 5e, penultimate interglacial period
著者 (12件):
資料名:
巻: 156  ページ: 189-200  発行年: 2018年
JST資料番号: E0267C  ISSN: 1367-9120  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コア堆積物の底生有孔虫同位体プロファイルと全岩地球化学組成を提示することによって,著者らは~130~~115kyrの中心であるオホーツク海海洋学のmutiproxy再構成,海洋同位体ステージ5e(MIS 5e)に関連を提供する。部位MR0604 PC7Aからの堆積物は,古海表面温度と他の記録と比較した。マルチパラメータアプローチは,海洋酸素同位体ステージ5e進化のための三期間,海洋生産性と底部酸素化の変化の特徴を認識することができた。これらの変動はオホーツク海中央部への太平洋深層水からのオホーツク海中層水の生産と栄養の寄与の有無と関連している。Th/Sc比によって再構成された風成入力は海洋酸素同位体ステージ5eと比較してMIS6とMIS5日間より高い値を示した。Eu~*値は後期海洋酸素同位体ステージ5e期間中の千島列島および東カムチャッカからの砕屑性材料の入力,初期MIS5Eと氷河期間の間不在を示した。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
同位体地質学  ,  第四紀 
引用文献 (2件):

前のページに戻る