{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802232449710026   整理番号:18A0607341

HP1αは有糸分裂移行前にヘテロクロマチンでの活性化のための染色体パッセンジャー複合体を標的とする【Powered by NICT】

HP1α targets the chromosomal passenger complex for activation at heterochromatin before mitotic entry
著者 (8件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: ROMBUNNO.201797677  発行年: 2018年
JST資料番号: A0911B  ISSN: 0261-4189  CODEN: EMJODG  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
染色体パッセンジャー複合体(CPC)はH3T3phおよびSgo1への結合を介して有糸分裂中の動原体に向けられている。ヘテロクロマチン蛋白質1α(HP1α)は有糸分裂エントリー時のCPC局在化と機能に影響するかどうか,どのようには明らかではない。ここでは,CENP-B DNA結合ドメインに融合することにより,HP1α動力学を変化させる。束縛されたHP1は強くCPCを補充し,動原体-微小管相互作用を不安定化と紡錘体形成チェックポイントを活性化する。有糸分裂出口の間,束縛されたHP1は動原体で活性なCPCを捕捉する。これらHP1CPCクラスタは,その後の細胞周期を通じて触媒活性を維持している。も内因性HP1間の相互作用とG_2中のCPCを検出した。HP1αとHP1γはCDK1独立したプロセスにおける活性中心にCPCを動員するために協力する。Fabフラグメントを用いた生細胞追跡はH3T3はハスピンキナーゼによりりん酸化される前にH3S10phはよく現れることを明らかにした。著者らの結果は,H3S10のオーロラB仲介リン酸化はクロマチンからHP1を遊離し,有糸分裂動原体へのCPCをにH3T3phおよびSgo1に依存経路を可能にする前にHP1はG_2における動原体ヘテロクロマチンでのCPCを濃縮し活性化する可能性があることを示唆した。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生物学的機能  ,  細胞構成体の機能  ,  遺伝子発現 

前のページに戻る