{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802234793204304   整理番号:18A0533884

神経介入手術における止血デバイス使用に関連した出血性合併症の物理的危険因子【Powered by NICT】

Physical Risk Factors of Hemorrhagic Complications Associated with Angio-Seal Closure Device Use in Neurointerventional Procedures
著者 (6件):
資料名:
巻: 111  ページ: e850-e855  発行年: 2018年
JST資料番号: A1144A  ISSN: 1878-8750  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Angio-Seal閉鎖装置に関連した出血性合併症(HC)の詳細な物理的リスク因子を実証した研究はほとんどない。本遡及的研究は,Angio-Seal使用によるHCの危険因子を同定することを目的とした。大腿動脈を穿刺することに関与する,穿刺部位を閉鎖するAngio-Sealを用い内科を受けた143例からのデータをレビューした。はHCとHC群と年齢比較検討,性,過去の医療と選好歴,ボディマスインデックス(BMI),大腿動脈深さ,2剤併用抗血小板療法,活性化凝固時間,全身麻酔使用,シースサイズ,右大腿動脈穿刺,および処理時間に分けた。HCは7例,そのうちの2は技術的障害のため除外したであった。,HC群ではHC群136例(96.5%)5例(3.5%)における物理的リスク因子を検討した。低BMIと浅大腿動脈深さはHCと有意に関連したが,他の因子はそうではなかった。受信者動作特性曲線は20.98のBMIカットオフ値と11.1mmの大腿動脈深さはHCを予測するための最適診断効率を達成できることを示した。BMI<21の患者は慎重な止血モニタリングを必要とする可能性があり,大腿動脈深さ<11.1mmのAngio-Sealを用いた動脈穿刺部閉鎖を受けないほうが良い。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
代謝異常・栄養性疾患一般  ,  循環系の臨床医学一般 

前のページに戻る