{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802238672647678   整理番号:18A0118430

多視点3DCG画像のある視点における符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討

A Study of Diagnostic Imaging System for Coded Defect Detection of Certain Viewpoints on Multi-view 3D CG Images
著者 (1件):
資料名:
巻: 117  号: 356(IMQ2017 20-23)  ページ: 7-12  発行年: 2017年12月08日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
現在,工学分野における多視点3D画像及び8K高精細画像の医療応用が急速に進んでおり,画像診断に関する研究は,医療,工学の双方からアプローチ可能な学際研究分野として,重要になってきている。従来,画像診断は主に,専門医師,医療従事者による手作業ベースがほとんどだった。しかしながら,コンピュータの発展により,自動化処理に基づいた画像診断が可能になり,情報工学分野からのアプローチが必要になってきた。多視点3D画像を生成するにあたって,正しく行えているかを支援し,欠損の検出及び修復が可能となれば,医療応用が可能になると考える。本稿では,医用画像に応用可能かつ情報工学的な基礎検討として,多視点3DCG画像において,全視点,ある視点に,符号化による欠損が発生した場合にコンピュータにより自動的に画像を診断し,定量的な評価を行い,どの程度なら検出可能であるのかを推定した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
引用文献 (23件):

前のページに戻る