{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802240732502858   整理番号:18A1022996

出生前のペルフルオロアルキル物質曝露に関連した臍帯血DNAメチル化のエピゲノム全体の研究:北海道の研究【JST・京大機械翻訳】

An epigenome-wide study of cord blood DNA methylations in relation to prenatal perfluoroalkyl substance exposure: The Hokkaido study
著者 (14件):
資料名:
巻: 115  ページ: 21-28  発行年: 2018年
JST資料番号: A0646B  ISSN: 0160-4120  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ペルフルオロアルキル物質(PFAS)への出生前曝露は胎児の発生に影響し,その後,生命に影響する。PFASへの出生前曝露と関連した臍帯血DNAメチル化変化を調べる。著者らは,北海道研究の札幌コホート(発見コホート)からの190人の母子ペアからの臍帯血サンプルにおけるDNAメチル化を評価し,そして,Illina HumanMethylation 450BeadChipを用いて,台湾母性およびInfantコホート研究(複製コホート)からの37人の母子ペアから評価した。母親血清中のメチル化とPFASレベルの間の相関を,ロバスト線形回帰モデルを用いて調べ,異なるメチル化位置(DMPs)と領域(DMRs)を同定した。発見コホートにおいて0.05以下の偽発見率を有する4つのDMPsを見出した。ペルフルオロオクタンスルホン酸塩(PFOS)とペルフルオロオクタン酸(PFOA)曝露に対する最低P値によりランク付けされたトップ20 DMPsの中で,4つのDMPsは,USP2-AS1の遺伝子間領域(IGR)にマップされたcg21876869が,TCP11L2にマップされ,cg18901140がNTN1のIGRに位置していた。DMRsについては,ZFP57に位置するファミリーごとの誤差率<0.1のPFOA曝露に関連する領域を見出し,複製コホートにおいて同じ方向の効果を示した。PFOSとPFOAへの曝露に関連する最低のP値によってランク付けされた上部5つのDMRsの中で,CYP2E1,SMAD3,SLC17A9,GFPT2,DUSP22,およびTCERG1L遺伝子におけるDMRsは複製コホートにおいて同じ方向を示した。PFASへの出生前曝露は出生時のDNAメチル化状態に影響することを示唆した。観察されたメチル化変化が異なる健康結果と関連しているかどうかを調べるために,縦断的研究が必要である。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の汚染原因物質  ,  人間に対する影響 

前のページに戻る