{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802245045261325   整理番号:18A0135235

薬品未投与の統合失調症における高周波リズムの異常な機能的接続性【Powered by NICT】

Abnormal functional connectivity of high-frequency rhythms in drug-naieve schizophrenia
著者 (7件):
資料名:
巻: 129  号:ページ: 222-231  発行年: 2018年
JST資料番号: A1155A  ISSN: 1388-2457  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
「dysconnection仮説」は統合失調症のコア神経基盤として提案されてきた成長神経画像ベース証拠は統合失調症患者における非定型機能的連結性を示唆しているが,結果は一貫していないと抗精神病薬治療の効果は不明のままである。統合失調症(14人の患者は抗精神病薬治療の投与後に再評価した)および31人の同性健常対照被験者と21薬剤未投与患者の安静状態脳波(EEG)を行った。位相遅れ指標(PLI)を用いて,機能的連結性EEG信号の真の同期を捕捉することを推定した。対照被験者と比較した場合,患者は,前頭領域を横切るβ帯域と頭皮を通してガンマバンドの機能的連結性を減少させた。統合失調症群では,症状の重症度は機能的連結性に関連しないようであった。抗精神病薬治療は機能的結合性の変化をもたらさなかった。内および多重周波数で脳領域を横切る同期活性は種々のタイプの情報処理の統合を反映している。異常周波数領域特異的機能的結合パターンの著者らの知見は,統合失調症の「dysconnection仮説」へのさらなる洞察を提供するかもしれない。PLIは,統合失調症の本質的な病態生理学的機構の特性化と理解のための有用な手段として,本疾患に対する信頼できるバイオマーカーとして役立つ可能性がある。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
精神障害 

前のページに戻る