{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802248288515572   整理番号:18A0139111

Na_3BO_3添加剤を用いた高Na~+イオン導電性Na_3Zr_2Si_2PO_12セラミックの液相焼結【Powered by NICT】

Liquid-phase sintering of highly Na+ ion conducting Na3Zr2Si2PO12 ceramics using Na3BO3 additive
著者 (5件):
資料名:
巻: 101  号:ページ: 1255-1265  発行年: 2018年
JST資料番号: C0253A  ISSN: 0002-7820  CODEN: JACTAW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Na_3Zr_2Si_2PO_12(NASICON)は,全固体ナトリウム電池用の固体電解質として有望な材料である。それにもかかわらず,電池におけるNASICONの応用に対する一つの課題は,1200°C以上の高い焼結温度,このような高温での電極材料を用いた軽元素と望ましくない副反応の蒸発に導くことができる。本研究では,Na_3BO_3(NBO)を添加したNASICONの液相焼結はNASICON焼結温度を下げるために初めて行った。高密度NASICONベースのセラミックは4.8wt%NBOと900°Cで焼結して得ることに成功した。液相焼結したNASICONセラミックは室温で低伝導活性化エネルギーは28kJ/mol~ 1の約1×10~ 3Scm~ 1の高い全伝導率を示した。室温伝導率は従来の高温焼結したNASICONのそれと同一なので,NBOはNASICON固体電解質のための良好な液相焼結助剤として実証した。4.8wt%NBOセラミックを用いたNASICONでは,ほとんどのNASICON結晶粒は直接的に相互に結合し,いくつかのサブミクロンホウ酸ナトリウムはNASICON結晶粒界への完全溶込みもなく粒子形で分離した。特性複合材料の微細構造は液相焼結したNASICONの高い伝導率に寄与した。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
セラミック・陶磁器の製造 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る