{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802251195388248   整理番号:18A0698535

2014年長野県北部の地震による長野善光寺の石灯籠の被害と強震動

Damage of Stone Lanterns at Zenkoji Temple, Nagano, Japan and Ground Motion of Northern Nagano Earthquake, November 22, 2014
著者 (1件):
資料名:
巻: 70  号: Sept  ページ: 153-160  発行年: 2017年09月10日
JST資料番号: G0931A  ISSN: 0037-1114  CODEN: JISHA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2014年11月22日,日本の長野県北部にMJMA6.7(Mw6.2)の地震が発生した。長野市中心における損傷は比較的小さかったが,震央から約25kmの善光寺の境内に立っていた182基の石灯籠の内,65基の石灯籠がこの地震の地震動により転倒した。周辺住宅地の被害は小さかった。崩壊の方向は南北であった。近くのJMA長野地方気象台で記録された強震動地震記象は,高周波,特に南北成分に富んでおり,そのことは,固有周期が数十秒である石造物の崩壊を説明している。同様の損傷は1714年の歴史地震で報告されており,そのような損傷の再発は,この震央域における大地震からの高周波地震動が善光寺と長野市への脅威を反復してきたことを意味している。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
地震学一般 

前のページに戻る