{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802256031729737   整理番号:18A0840057

ヨーロッパ人と日本人集団における形質感情知能と感情調節との関連の異文化比較【JST・京大機械翻訳】

Cross-cultural comparison of the association between trait emotional intelligence and emotion regulation in European-American and Japanese populations
著者 (1件):
資料名:
巻: 130  ページ: 150-155  発行年: 2018年
JST資料番号: A1183A  ISSN: 0191-8869  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多くの証拠は,良いことの正の指標としての特徴的な感情的知能を支持するが,特徴的な感情的知能の根底にある過程は不明のままである。感情調節は,形質感情知能のコア成分と考えられている。感情規制戦略の結果がヨーロッパ-アメリカと東アジアの個体群の間で異なることを考えると,培養はこれらの戦略と形質感情知能の間の関連性を中等度にすることができた。2つの研究により,ヨーロッパ-アメリカおよび東アジアの日本人集団における形質感情的知能と情動調節戦略の間の関連を緩和するかどうかを調べた。結果は,形質感情知能と情動調節の間の関連性における重要な文化的類似性と差異を明らかにした。文化的類似性に関して,形質感情知能は両群において再評価と正に関連した。文化的差異に関しては,特徴的感情知能は,ヨーロッパ-アメリカにおける抑制と負に関連していたが,日本人ではなかった。これらの知見は,感情的に知的な人々が適応戦略を使用する可能性が高く,それら自身の文化的枠組み内での感情を調節するために,適応戦略を使用することが少ないという概念と一致している。さらに,本研究は,形質感情知能構築の基礎となる情動調節過程に及ぼす培養の緩和効果に関する新しい洞察を提供した。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
遺伝的変異 

前のページに戻る