{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802259396410067   整理番号:18A2144336

高精度かつ高効率な秘密ロジスティック回帰の設計と実装

著者 (4件):
資料名:
巻: 2018  号:ページ: ROMBUNNO.4A2-2  発行年: 2018年10月15日
JST資料番号: L6741A  ISSN: 1882-0840  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本稿では秘密分散ベースの秘密計算上で,効率的かつ高精度のロジスティック回帰分析を実装する。ロジスティック回帰分析は機械学習分野の基礎的かつ利用頻度の高い重要な分析手法であるが,シグモイド関数と呼ばれる非線形関数を必要とし,線形演算を得意とすることの多い秘密計算上では性能と精度の両立が容易でないことで知られる。本稿ではこのシグモイド関数の計算法に関して2種類の方式を提案・実装する。一つは,秘密一括写像を用いる方式である。秘密一括写像では処理コストとトレードオフの任意精度で,任意の関数すなわち写像を計算できる。このため一つ目の方式では平文上のロジスティック回帰と遜色ない予測精度となることが確認された。二つ目は,条件分岐と線形近似のハイブリッド型の近似である。こちらは精度を平文と比較して2%の誤差に抑えながらも,既存方式よりも12倍程度高速であったことを報告する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
符号理論  ,  数値計算 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る