{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802262696078284   整理番号:18A0255548

日本における干潟堆積物の鉱物組成とその組成が吸着アミラーゼの活性のポテンシャルに与える影響

著者 (4件):
資料名:
巻: 28th  ページ: 459-460(J-STAGE)  発行年: 2017年
JST資料番号: U0501A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
干潟は水質浄化機能を持ち,堆積物の鉱物に吸着した酵素が浄化に貢献している可能性がある。本研究では干潟堆積物の鉱物組成を規定する要因と,吸着アミラーゼの活性に組成が与える影響を調べた。火山の位置を考慮し日本各地の干潟堆積物を採取した。地積物は一次鉱物と粘土鉱物の同定,活性Al・Fe(Alo・Feo)と有機炭素,粘土含量の定量,アミラーゼ活性は有機物分解の有無の2処理を測定した。堆積物の鉱物組成は一次鉱物の火山ガラスの同定とAlo・Feoの定量より火山の影響,粘土鉱物種の同定より干潟の形成位置と河川流域の地質の影響を受けると考えられる。アミラーゼ活性は分解未処理ではAlo・Feoと正の相関があり,処理後は低下した。よってAlo・Feoと結合した有機物にアミラーゼが吸着した場合活性が維持し,Alo・Feoが高い干潟では堆積物がアミラーゼを吸着して水質浄化に寄与する可能性があると考えられる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
堆積構造 

前のページに戻る