{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802265251242498   整理番号:18A0725269

エネルギー貯蔵システムのためのフィルタの解析と設計:周波数保証とエネルギー容量/電力評価間の最適トレードオフ【JST・京大機械翻訳】

Analysis and Design of Filters for the Energy Storage System: Optimal Tradeoff Between Frequency Guarantee and Energy Capacity/Power Rating
著者 (3件):
資料名:
巻: 65  号:ページ: 6560-6570  発行年: 2018年
JST資料番号: C0234A  ISSN: 0278-0046  CODEN: ITIED6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,エネルギー貯蔵システム(ESS)のエネルギー容量と電力定格を維持しながら風力発電出力を平滑化できる新しいフィルタ設計法を提案した。風力発電は電力系統の周波数変動を引き起こす。したがって,多くの場合,ESSは風力発電機出力の変動を平滑化するために必要である。従来の低域フィルタ(LPF)で制御されたESSの性能を改善するために,本論文は他のタイプのフィルタを研究した。最初に,ESSのフィルタとエネルギー容量/電力定格の間の関係を最悪事例研究を通して明らかにした。次に,風力発電に関する電力系統の周波数変動解析を行い,ピンポイント平滑化を実現した。最後に,ESSの出力平滑化とエネルギー容量/電力定格の間の最適トレードオフを達成するために,これらの関係に基づくフィルタの多目的設計のためのメタヒューリスティック最適化法を提案した。実際の風データによるシミュレーション解析を通して,提案方法が,より小さいエネルギー容量と電力定格を持つESSによって,電力系統の周波数変動を効果的に抑制することができることを示した。Copyright 2018 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電力変換器 

前のページに戻る