{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802269606612699   整理番号:18A1669585

ソウハチの音響散乱特性に関する研究-I.計量魚群探知機によるソウハチ魚群の特徴-

Study on acoustic scattering characteristics of pointhead flounder Cleisthenes pinetorum-Characteristics of pointhead flounder observed with a quantitative echosounder-
著者 (4件):
資料名:
巻: 118  号: 199(US2018 41-48)  ページ: 29-32  発行年: 2018年08月23日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究は,計量魚群探知機を用いて北海道噴火湾周辺海域におけるソウハチの音響特性を調べたものである。音響データは,周波数38,120,200kHzのSimrad社製EK60型スプリットビーム計量魚群探知機で収集し,ソウハチは竿釣りにより,ソウハチの餌であるスケトウダラ稚魚はフレーム型中層トロールネットで捕獲した。ソウハチ魚群は計量魚群探知機のエコーグラム上ではパッチ状に現れ,3周波数ともに散乱強度は強かった。一方,スケトウダラ稚魚は層状に現れていた。体積後方散乱強度SVを調べたところ,ソウハチでは高周波数ほどSVが大きくなっており,既往の無鰾魚の特性と一致していた。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
漁労装置,漁具  ,  水中音響応用 
引用文献 (8件):
  • 水島敏博,鳥澤 雅,上田吉幸(編), 新北のさかなたち: 漁業生物図鑑. 北海道新聞社, 2003, pp.645p.
  • 北海道立総合研究機構水産研究本部, 北海道水産資源管理マニュアル. 北海道, 2004, p.59p.
  • 水産庁・水産総合研究センター. 平成23年度資源変動要因分析調査報告書. 2012; 1(11): 55-59.
  • B. Scoulding, S. Gastauer, D. N. MacLennan, S. M. M. Fässler, P. Copland, and P. G. Fernandes, ′′Effects of variable mean target strength on estimates of abundance: the case of Atlantic mackerel (Scomber scombrus),′′ ICES Journal of Marine Science: Journal du Conseil, 2016.
  • 高嶋孝寛, ′′海中垂下されたホッケ Pleurogrammus azonusのターゲット・ストレングス,′′ 北水試研報, 70, pp.73-80, 2006.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る