{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802271083441807   整理番号:18A0172854

初等中等教育と大学教育の化学教育の現場における実践の報告 ハンナチェッカーによる河川水中の硝酸イオンおよびリン酸イオンの簡易吸光度測定

著者 (6件):
資料名:
巻: 66  号:ページ: 36-39  発行年: 2018年01月20日
JST資料番号: G0942A  ISSN: 0386-2151  CODEN: KAKYEY  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・大学応用化学科の新入学生を対象に河川に行き,現場で採取した河川水中の硝酸イオンおよびリン酸イオン濃度をハンナチェッカーの簡易吸光度計を用いて測定する実験を実施。
・実験前に検量線作成と測定に関するマニュアルを配布し,分析の反応原理,測定器具,測定操作などを講義。
・実施した簡易分析実験の特徴として測定波長が異なる2種類のイオンを1台のハンナで測定,また吸光セルは目盛付きで不透明の市販の使い捨てプラスチック製マイクロチューブを使用。
・作成した検量線や算出した河川水試料のイオン濃度結果の信頼性を評価し,用いた方法は的確な検量線の作成により正確な濃度測定が可能なことが判明。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
化学教育  ,  水中の汚染物質の化学分析 
引用文献 (2件):
  • 1) 吉野秀吉,高村岳樹,産業と環境 2013,42,29.
  • 2) 金澤健二,駒田充生,簡易測定用試薬と簡易吸光度計を用いた畑土壌分析マニュアルVer. 1.2, (独) 農業研究機構・中央農業総合研究センター土壌肥料研究領域,2013,pp. 1-14.
タイトルに関連する用語 (12件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る