{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802271618973925   整理番号:18A1568373

晩夏北極の溶融池における溶存および粒子状微量元素【JST・京大機械翻訳】

Dissolved and particulate trace elements in late summer Arctic melt ponds
著者 (20件):
資料名:
巻: 204  ページ: 70-85  発行年: 2018年
JST資料番号: B0842A  ISSN: 0304-4203  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
溶融池は夏の間の北極海氷の卓越した特徴であり,大気,低温圏および表面海洋の間の複雑な界面において役割を果たす。溶融池の形成と発達中に,季節的に蓄積された大気沈降からの微量栄養素と汚染物質微量元素(TE)は,海氷融解時に表面海洋に放出される前に,同伴堆積物と海洋由来物質と混合される。ここでは,米国北極GEOTRACES(GN01)巡航の間に,2015年後半に採取された5つの溶融池からの粒子状およびサイズ分画された溶解(真の可溶性およびコロイド)TEデータを提示する。塩分,δ18O,および7Beの分析は,融雪,融解海氷,および表面海水からの溶融池への様々な寄与を示す。著者らのデータは,晩夏北極の溶融池の複雑なTE生物地球化学と特定のTEに対する異なる供給源の重要性を強調する。溶存TE濃度は,V,Ni,Cu,CdおよびBaに対する海水侵入からの強い影響を示した。限外ろ過法は,溶解したFe,Zn,およびPbがほとんどコロイド(0.003~0.2μm)であることを明らかにし,一方,Mn,Co,Ni,Cu,およびCdは,真の可溶性(<0.003μm)画分によって支配される。いくつかの溶融池における同位体光溶解Feは,光化学および/または生物学的に駆動された酸化還元サイクルも起こることを示唆している。平均地殻値に対する粒子TE/Al比の比較は,天然エーロゾルおよび/または堆積物質を含む岩石源からの影響を示し,Ni,Cu,Zn,CdおよびPbを含むいくつかの元素に対する影響を示した。これらは,人為起源エーロゾル,生物起源物質および/または溶存TEのin situ捕捉から生じる可能性がある。著者らの結果は,溶融池が,いくつかの大気に由来するTEが表面海洋への放出の前に物理的および/または化学的変化を受ける遷移環境を表すことを示している。結果として,海氷面積,厚さ,および融雪期の長さにおける進行中の変化は,夏に早く融雪池を経由して雪と海氷から放出された物質,および海洋表面へのより広範囲な直接堆積を伴う表面北極海への大気TE入力のバイオアベイラビリティに影響を及ぼす可能性がある。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
水圏・生物圏の地球化学 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る