{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802273305202124   整理番号:18A0839958

J-PARC水銀ターゲット容器の構造解析に関する最適化研究【JST・京大機械翻訳】

Optimization study on structural analyses for the J-PARC mercury target vessel
著者 (8件):
資料名:
巻: 894  ページ: 8-19  発行年: 2018年
JST資料番号: D0208B  ISSN: 0168-9002  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本陽子加速器研究複合体(J-PARC)水銀ターゲット容器における破砕中性子源は,様々な材料科学研究のために使用されており,1MWで安定な運転を達成するための研究が進められている。これは,1MW運転のために開発されているターゲット容器の構造健全性と耐久性を強化するために非常に重要である。本研究では,J-PARCにおける既存のターゲット容器における熱応力と緩和応力集中をより効果的に低減するために,Taguchi法(TM)と呼ばれる最適化手法を熱機械的解析に適用した。リブとそれらの相対パラメータならびに水銀容器とシュラウドの厚さを,本研究のための重要な設計パラメータとして選択した。TMを用いて設計した18のモデル型の解析結果に従って,最適設計を決定した。それは,離散リブと現在の設計より厚い容器壁によって特徴付けられる。水銀容器と外部シュラウドの最大熱応力は,それぞれ14%と15%減少した。さらに,リブ幅,左/右リブ間隔およびシュラウド厚さの変化が最大熱応力性能に影響することを示した。従って,TMはターゲット容器の構造を最適化し,少数の計算ケースにおける熱応力を低減するのに有用であると結論した。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
加速器一般及び理論 

前のページに戻る