{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802274845846256   整理番号:18A0923655

P4-ATPアーゼのりん脂質フリッピング活性は膜曲率を駆動する【JST・京大機械翻訳】

Phospholipid-flipping activity of P4-ATPase drives membrane curvature
著者 (6件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: e97705  発行年: 2018年
JST資料番号: A0911B  ISSN: 0261-4189  CODEN: EMJODG  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
P4-ATPアーゼは,生物膜の細胞質/管腔から細胞質小葉へリン脂質を転移させるリン脂質フリップである。酵母におけるすべてのP4-ATPアーゼと他の生物におけるいくつかは膜輸送に必要である。従って,フリップにより誘導される二分子膜脂質組成の変化は膜変形に重要であると考えられている。しかしながら,P4-ATPアーゼのりん脂質-フリッピング活性が膜変形を促進するかどうかはほとんど理解されていない。本研究では,細胞膜(PM)へのBin / amphiphysyn/Rvs(BAR)ドメインの誘導可能な動員を可能にするシステムを用いて,膜管形成の程度を監視することにより,フリップ酵素活性により誘導される膜変形を評価した。P4-ATPアーゼファミリーのメンバーであるAtp10aの発現によるPMにおけるホスファチジルコリン-フリラーゼ活性の増強は,PMへのBARドメインの動員による膜の管形成を促進した。これは,P4-ATPアーゼにより誘導されるトランス二分子層脂質組成の変化が生物膜を変形できる重要な証拠である。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
分子構造 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る