{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802275402979959   整理番号:18A1066704

カルシウム非依存性ホスホリパーゼA2とNFATc4経路を介したグループはラット線維芽細胞におけるケモカインCCL2とCXCL10のIL-1β誘導発現を仲介する【JST・京大機械翻訳】

The group VIA calcium-independent phospholipase A2 and NFATc4 pathway mediates IL-1β-induced expression of chemokines CCL2 and CXCL10 in rat fibroblasts
著者 (12件):
資料名:
巻: 285  号: 11  ページ: 2056-2070  発行年: 2018年
JST資料番号: B0206B  ISSN: 1742-464X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ケモカインは細胞移動を調節する分泌蛋白質であり,炎症および免疫応答に関与する。ここでは,脂質シグナリングとケモカインシグナリングの間の機能的クロストークを明らかにすることを試みた。著者らは,IL-1β刺激ラット線維芽細胞3Y1細胞において,いくつかのケモカインの誘導がVIAカルシウム非依存性ホスホリパーゼA_2β(iPLA_2β)によって制御されるという証拠を得た。3Y1細胞をIL-1βで処理すると,単球性THP-1細胞に対する走化性因子の放出が時間依存的に増加した。阻害剤研究は,細胞内PLA_2阻害剤,アラキドノイルトリフルオロメチルケトン(AACOCF_3)が,シクロオキシゲナーゼ阻害剤インドメタシンではなく,走化性因子の放出を減弱することを明らかにした。走化性活性は,熱またはプロテイナーゼKのどちらかで処理することにより不活性化され,この走化性因子が蛋白質因子であることを示唆した。ヘパリンカラムを用いてIL-1β刺激3Y1細胞の条件培地から走化性因子を精製し,CCL2およびCXCL10を含むいくつかのケモカインを同定した。CCL2とCXCL10の誘導性発現はAACOCF_3による前処理により有意に減弱した。siRNAを用いた遺伝子サイレンシングはCCL2とCXCL10の誘導がiPLA2βノックダウンにより減弱されることを明らかにした。さらに,IL-1β刺激による活性化T細胞蛋白質(NFAT)の核因子の転写活性化は,iPLA2阻害剤ブロモエノールラクトンにより顕著に減弱し,NFATc4ノックダウンはCCL2とCXCL10のIL-1β誘導発現を著しく減弱した。まとめると,これらの結果は,iPLA_2βがIL-1β誘導ケモカイン発現においてNFATc4シグナル伝達を介して役割を果たすことを示した。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
サイトカイン  ,  遺伝子発現 

前のページに戻る