{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802288732337335   整理番号:18A0229404

コーヒー豆中の微量元素による産地判別

Identifying the cultivation region of coffee beans by trace element analysis
著者 (6件):
資料名:
巻: 34  ページ: 24-26  発行年: 2017年12月15日
JST資料番号: L7480A  ISSN: 1346-2334  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・コーヒー豆中の微量元素含量から産地を判別する方法を検討。
・中南米8か国,50試料のコーヒー豆を硝酸分解し,ICP分析でMg,Ca,Al,Mn,Fe,Zn,Cuを定量。
・中南米地域のコーヒー豆の産地判別にはMn,Mg,Fe,Al,Cuの5元素を測定することにより高い判別正答率が得られることを確認。
・コーヒー豆の微量元素測定による産地判別の可能性を示唆。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
果実とその加工品 
引用文献 (10件):
  • 広瀬幸雄,圓尾修三,星田宏司(2007)コーヒー学入門 pp.14-15 180-185.
  • 財務省 通関統計 コーヒー輸入量
  • 全日本コーヒー協会,全国清涼飲料工業会,日本国内の嗜好飲料の消費の推移
  • Bewketu Mehari, Mesfin Redi-Abshiro, Bhagwan Singh Chandravanshi, Sandra Combrinck, Rob Mc-Crindle (2016) Characterization of the Cultivation Region of Ethiopian Coffee by Elemental Analysis Analytical Letters Vol 49: 2474-2489.
  • 野地美樹,福島綾,内田治,吉田宗弘,安藤達彦 (2008)コーヒー豆中の微量元素を用いた多変量解析による地域特定.Trace Nutrients Research Vol.25: 142-146.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る