{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802289470858518   整理番号:18A0592554

速度プロファイルの同時最適化と自律走行用無線電力伝送システムの配備

Simultaneous Optimization of Speed Profile and Allocation of Wireless Power Transfer System for Autonomous Driving Electric Vehicles
著者 (6件):
資料名:
巻:号:ページ: 189-201(J-STAGE)  発行年: 2018年
JST資料番号: F1055A  ISSN: 2187-1094  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電気自動車(EV)用の無線電力伝送システム(WPTSys)の最適配分は,WPTSysの製造コストを削減する上で重要な役割を果たす。従来手法では,WPTSysの割り当てには,速度プロファイルや電力需要などのEV操作に関する情報が必要である。本論文では,WPTSysの長さを最小限に抑えてコスト削減することを目的として,EV速度プロファイルの同時設計とレーンセグメントにおけるWPTSysの配分のための数学的最適化に基づく新しい方法論を提案する。EV操作と未知パラメータとしてのWPTSysの割り振りの両方をパラメータ化することにより,WPTSysの長さを最小限に抑えるためにこれらの未知パラメータを最適化するためのEV操作およびバッテリ持続性の制約を伴う最適化問題が確立される。このため,EVの最適速度プロファイルとWPTSysの最適配分を同時に決定することができる。提案アプローチは,設計した速度プロファイルが正確に追跡されると仮定される自律的な運転EVのシナリオに適用される。提案アプローチを説明するために数値的なケーススタディを実施する。さらに,提案手法では,従来手法を用いて得られたWPTシステムと比較して,EVやバッテリの動作上の制約が同じであるWPTシステムを実現することが示されている。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
送配電一般  ,  無線通信一般  ,  電気自動車 
引用文献 (40件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る