{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802295335197767   整理番号:18A1979352

25年間の長期連作で多収を持続するダイズ栽培の特徴

著者 (4件):
資料名:
巻: 93  号: 11  ページ: 944-950  発行年: 2018年11月01日
JST資料番号: G0801A  ISSN: 0369-5247  CODEN: NOOEA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・水田における稲作と田畑輪換におけるダイズの作物収量の向上に,乾燥鶏糞施用の有効性の検証。
・鶏糞の施用は土壌窒素の増加以外に,土壌酸性度を維持して作物収量を上げると推定。
・鶏糞の施用は土壌団粒を大きくして孔隙率を大きくし,開花期以降のダイズの乾物重を大きくすることが判明。
・鶏糞の施用による根粒数の増加を確認。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
施肥法・肥効  ,  豆類 
引用文献 (25件):
  • 秋田県 2018. 大豆指導指針.
  • 青山正和・谷内 豊 1992. きゅう肥連用土壌の粒径画分および団粒サイズ画分の有機物とその無機化. 日本土壌肥料学雑誌, 63, 571-580.
  • 青山正和 2010. 土壌団粒. 農文協, 東京.
  • 有原丈二 2000. ダイズ安定多収の革新技術. 農文協, 東京.
  • 有原丈二 2001. ダイズの能力を発揮させるための土壌条件. 農業技術大系, 30の7の2-9. 農文協, 東京.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る