特許
J-GLOBAL ID:201803016640133618

遠隔遊び支援システム、心的状態・性格推定システム、遊び推定システム、方法およびプログラム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 伊東 忠重 ,  伊東 忠彦
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2016-225250
公開番号(公開出願番号):特開2018-081631
出願日: 2016年11月18日
公開日(公表日): 2018年05月24日
要約:
【課題】子供と大人がビデオチャットでコミュニケーションする場合に、長く遊びを続けられるよう、遊びの提案を行えるようにする。【解決手段】ビデオチャットロボットを使用する子供を監視する各種センサの信号に基づいて子供の振る舞いの特徴量を取得する特徴量取得手段と、振る舞いと心的状態および性格との関係を機械学習した第1のデータに基づいて、前記特徴量から心的状態および性格を推定する第1の識別手段と、心的状態および性格と遊び種類との関係を機械学習した第2のデータに基づいて、前記第1の識別手段により推定された心的状態および性格から遊び種類を推定する第2の識別手段と、前記第2の識別手段により推定された遊び種類を前記ビデオチャットロボットの通信相手の端末装置に表示する遊び提案手段とを備える。【選択図】図7
請求項1:
ビデオチャットロボットを使用する子供を監視する各種センサの信号に基づいて子供の振る舞いの特徴量を取得する特徴量取得手段と、 振る舞いと心的状態および性格との関係を機械学習した第1のデータに基づいて、前記特徴量から心的状態および性格を推定する第1の識別手段と、 心的状態および性格と遊び種類との関係を機械学習した第2のデータに基づいて、前記第1の識別手段により推定された心的状態および性格から遊び種類を推定する第2の識別手段と、 前記第2の識別手段により推定された遊び種類を前記ビデオチャットロボットの通信相手の端末装置に表示する遊び提案手段と を備えたことを特徴とする遠隔遊び支援システム。
IPC (5件):
G06N 5/04 ,  H04N 7/14 ,  G06N 5/02 ,  G06N 99/00 ,  G06F 17/30
FI (6件):
G06N5/04 ,  H04N7/14 110 ,  G06N5/02 120 ,  G06N99/00 153 ,  G06F17/30 220Z ,  G06F17/30 340A
Fターム (5件):
5C164FA09 ,  5C164UB41P ,  5C164VA04P ,  5C164VA06P ,  5C164YA12

前のページに戻る