研究者
J-GLOBAL ID:201901000466963165   更新日: 2021年08月31日

二杉 健斗

ニスギ ケント | Nisugi Kento
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 国際法学
研究キーワード (3件): 国際法 ,  国際投資法 ,  宇宙法
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2024 国際法における「帰属」の遍在性に関する研究
  • 2020 - 2024 宇宙の商業利用がもたらす「宇宙法」の変容と課題--新時代のルール形成に向けて
  • 2020 - 2024 国際投資法と国内法の交錯における投資家の法的地位の研究
  • 2018 - 2020 グローバル投資法アクターとしての投資家の法的地位
  • 2015 - 2018 私人による国際責任の援用-投資条約仲裁における投資家の法的地位-
論文 (7件):
  • 二杉 健斗. 「投資条約ネットワーク」が投資条約の改廃にもたらす影響 : Swissbourgh対レソト事件を題材として. 岡山大学法学会雑誌. 2019. 69. 1. 70-45
  • 二杉 健斗. 投資条約の解釈統制と投資家の「客観的」国際法主体性(5・完). 法学論叢 = Kyoto law review. 2019. 185. 5. 35-67
  • 二杉 健斗. 投資条約の解釈統制と投資家の「客観的」国際法主体性(4). 法学論叢 = Kyoto law review. 2019. 185. 2. 45-59
  • 二杉 健斗. 投資条約の解釈統制と投資家の「客観的」国際法主体性(3). 法学論叢 = Kyoto law review. 2019. 184. 5. 69-89
  • 二杉 健斗. 投資条約の解釈統制と投資家の「客観的」国際法主体性(2). 法学論叢 = Kyoto law review. 2018. 184. 1. 115-136
もっと見る
MISC (8件):
  • 二杉健斗. 投資協定仲裁判断例研究(134)仲裁人の不偏性の欠如と開示義務違反を理由にICSID仲裁判断の全体が取り消された事例. JCAジャーナル. 2021. 68. 7. 29-35
  • 二杉健斗. Rodrigo Polanco, The Return of the Home State to Investor-State Disputes: Bringing Back Diplomatic Protection?. 日本国際経済法学会年報. 2020. 29. 194-199
  • 二杉 健斗. 投資協定仲裁判断例研究(119)仲裁条項の事項的制限を義務遵守条項および最恵国待遇条項によって免れることはできないと判断した事例. JCAジャーナル. 2020. 67. 3. 53-60
  • 二杉 健斗. 文献紹介 Jarrod Hepburn, Domestic Law in International Investment Arbitration. 日本国際経済法学会年報. 2019. 28. 263-268
  • 二杉健斗. Article 4(1) of the WTO Agreement on Agriculture - Direct Applicability - Subjective and Objective Criteria. Japanese Yearbook of International Law. 2017. 60. 478-487
もっと見る
書籍 (1件):
  • これからの国際商取引法 : UNCITRAL作成文書の条文対訳
    UNCITRALアジア太平洋地域センター 2016 ISBN:9791195941704
講演・口頭発表等 (3件):
  • 国家的投資家のICSID利用資格の判断基準-行為帰属規則の遍在性?-
    (国際法研究会 2021)
  • 投資条約仲裁は魔法使いの弟子か-条約の解釈・改廃から見る投資家の国際法主体性の客観化-
    (東西合同研究会春季例会 2019)
  • 投資条約仲裁における非金銭的救済--投資家の国際法主体性と投資条約仲裁本質論
    (国際法学会2016年度(第119年次)研究大会 分科会C(パネル)「投資条約仲裁は、いかなる意味において国際法上の制度なのか」 2016)
学歴 (4件):
  • 2015 - 2018 京都大学 法政理論専攻博士後期課程
  • 2013 - 2015 京都大学 修士課程
  • 2009 - 2013 京都大学
  • 2006 - 2009 兵庫県立小野高等学校 普通科
学位 (3件):
  • 博士(法学) (京都大学)
  • 修士(法学) (京都大学)
  • 学士(法学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2020/10 - 現在 大阪大学 大学院国際公共政策研究科 准教授
  • 2018/04 - 2020/09 岡山大学 大学院社会文化科学研究科 講師
委員歴 (1件):
  • 2018/09 - 現在 国際法学会 若手研究者育成委員
所属学会 (2件):
世界法学会 ,  国際法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る