研究者
J-GLOBAL ID:201901000507997584   更新日: 2020年05月02日

飯塚 幹夫

Iizuka Mikio
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 計算科学
論文 (10件):
  • Mikio Iizuka, Kenji Ono. Influence of the phase accuracy of the coarse solver calculation on the convergence of the parareal method iteration for hyperbolic PDEs. Computing and Visualization in Science. 2018. 19. 3-4. 97-108
  • Mikio Iizuka, Hisashi Nakamura, Masashi Tachiki. Large-Scale Simulation for Design of Continuous THz Wave Devices. 15 th Workshop on Sustained Simulation Performance. 2012
  • Mikio Iizuka, Kazuo Minami, Syogo Tejima, Masashi Tachiki, Hisashi Nakamura. Large-scale Simulation on a High Temperature Superconductor Device Generating the Terahertz Wave Continuously. Journal of the Earth Simulator. 2007. 8. 27-33
  • 飯塚 幹夫, 手島正吾, 南一生, 宮内敦, 中村賢, 牧野浩二, 立木昌, 中村寿. 地球シミュレータを活用した新奇材料特性シミュレーション. 応用数理. 2006. 16. 3
  • Masashi Tachiki, Mikio Iizuka, Kazuo Minami, Syogo Tejima, Hisashi Nakamura. Emission of continuous coherent terahertz waves with tunable frequency by intrinsic Josephson junctions. Phys. Rev. B. 2006. 71. 134515
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 時空間反転対称性無減衰・安定計算法の1次元移流方程式に対する検討
    (第33回数値流体力学シンポジウム 2019)
  • 移流問題に対する Parareal法による時間並列計算の収束性向上手法の評価
    (第33回数値流体力学シンポジウム 2019)
  • 時間並列計算法のフェーズフィールド法への応用
    (第32回計算力学講演会(CMD2019) 2019)
  • 移流問題に対するParareal法による時間並列計算の収束性向上手法の評価
    (第24回計算工学講演会 2019)
  • Investigation of the effectiveness of methods to improve the convergence of parareal method for 1D advection equation
    (8th Workshop on Parallel-in-Time Integration 2019)
もっと見る
所属学会 (1件):
応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る