研究者
J-GLOBAL ID:201901000763277785   更新日: 2022年06月07日

明本 靖広

アケモト ヤスヒロ | Akemoto Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 研究職員
研究分野 (4件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  分析化学
研究キーワード (5件): 環境技術・環境材料 ,  動電的手法 ,  粘土鉱物 ,  環境化学 ,  環境修復
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2023 太陽光パネルガラスの溶融リサイクルの研究
論文 (9件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 富田 恵一, 若杉 郷臣, 明本 靖広, 阿賀 裕英. 鉱山廃水中のひ素の化学形態分析. 北海道立総合研究機構工業試験場報告. 2020. 319. 81-85
  • 富田 恵一, 若杉 郷臣, 明本 靖広, 稲野 浩行. 鉄系資材によるひ素およびセレンの除去技術. 北海道立総合研究機構工業試験場報告. 2019. 318. 73-77
書籍 (2件):
  • Design of materials and technologies for environmental remediation -Looking for novel concepts for remediation-
    Springer, Berlin 2022
  • 土壌と界面電気現象-基礎から土壌汚染対策まで-
    株式会社博友社 2017 ISBN:9784826802253
講演・口頭発表等 (36件):
  • 鉄鋼スラグと廃ガラスをタイルにアップサイクル!
    (令和4年エネルギー・環境・地質研究所 成果発表会 2022)
  • 土壌を “ その場 ” でキレイにするために - 電気泳動現象の利用
    (令和4年エネルギー・環境・地質研究所 成果発表会 2022)
  • 塩害土壌の浄化を目指した動電的手法における塩類の挙動
    (第82回分析化学討論会 2022)
  • 深共晶溶媒(DES)による廃電子基板からの金属抽出ならびにその抽出機構解明
    (化学工学会第87年会 2022)
  • 深共晶溶媒(DES)を用いた分離・反応プロセスの開発
    (第31回化学工学・粉体工学研究発表会 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2018 北海道大学大学院環境科学院 博士後期課程(単位取得退学)
  • 2012 - 2014 北海道大学大学院環境科学院 博士前期課程
  • 2008 - 2012 北海道教育大学札幌校
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 (地独)北海道立総合研究機構 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所
  • 2018/04 - 2020/03 (地独)北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 工業試験場
  • 2015/04 - 2018/03 北海道教育大学札幌校 非常勤講師
委員歴 (1件):
  • 2019/10 - 2020/05 日本分析化学会 第80回分析化学討論会実行委員
受賞 (1件):
  • 2013/06 - 12th International Symposium on Electrokinetic Remediation, Third Poster Prize, Electrokinetic Remediation for Removal of Alkali Metal Ions from Contaminated Soil by Tsunami
所属学会 (2件):
日本化学会 ,  日本分析化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る