研究者
J-GLOBAL ID:201901000763277785   更新日: 2020年09月08日

明本 靖広

アケモト ヤスヒロ | Akemoto Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 研究職員
研究分野 (4件): 環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  分析化学 ,  環境材料、リサイクル技術
研究キーワード (5件): 環境技術・環境材料 ,  動電的手法 ,  粘土鉱物 ,  環境化学 ,  環境修復
論文 (6件):
  • Satya Candra Wibawa Sakti, Rahma Nuzulul Laily, Siti Aliyah, Nindayu Indrasari, Mochamad Zakki Fahmi, Lee Hwei Voon, Yasuhiro Akemoto, Shunitz Tanaka. Re-collectable and recyclable epichlorohydrin-crosslinked humic acid with spinel cobalt ferrite core for simple magnetic removal of cationic triarylmethane dyes in polluted water. Journal of Environmental Chemical Engineering. 2020. 8. 4. 104004
  • Yoshihiro MIHARA, Sijing ZHANG, Rudy SYAHPUTRA, Yasuhiro AKEMOTO, Shunitz TANAKA. Functionalization of Shirasu-balloons Surface for Removal of Cadmium Ions from Contaminated Soil. Analytical Sciences. 2020. 36. 5. 553-560
  • Toko IWAMURA, Yasuhiro AKEMOTO, Shunitz TANAKA. Enhancement Effect of Humic Acid on Removal of Lead from Soil by Electrokinetic Process. Analytical Sciences. 2020. 36. 5. 627-630
  • Yasuyuki Narita, Satya Candra Wibawa Sakti, Yasuhiro Akemoto, Shunitz Tanaka. Ultra-rapid removal of cationic organic dyes by novel single- and double-stranded DNA immobilized on quaternary ammonium magnetic chitosan. Journal of Environmental Chemical Engineering. 2019. 7. 5. 103308
  • Yasuhiro AKEMOTO, Masahiko KAN, Shunitz TANAKA. Static Adsorption of Cesium Ions on Kaolin/Vermiculite and Dynamic Adsorption/Desorption Using the Electrokinetic Process. Journal of Chemical Engineering of Japan. 2019. 52. 7. 662-669
もっと見る
MISC (1件):
  • 富田 恵一, 若杉 郷臣, 明本 靖広, 稲野 浩行. 鉄系資材によるひ素およびセレンの除去技術. 北海道立総合研究機構工業試験場報告. 2019. 318. 73-77
書籍 (1件):
  • 土壌と界面電気現象-基礎から土壌汚染対策まで-
    株式会社博友社 2017 ISBN:9784826802253
講演・口頭発表等 (23件):
  • ライムケーキの抗廃水中和への利用可能性について
    (第54回日本水環境学会年会 2020)
  • エレクトロカイネティックレメディエーションの基礎と応用
    (生物圏環境科学セミナー(富山大学) 2018)
  • 異なる化学組成のバーミキュライトに対するセシウムの吸着挙動
    (粘土学会若手の会 第9回若手研究者研究発表会 2017)
  • 動電的手法におけるセシウムの泳動挙動に与える粘土鉱物の影響
    (第6回CSJ化学フェスタ 2016)
  • 動電的手法による土壌中の鉛の挙動に与える化学形態の影響
    (日本分析化学会第65年会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2018 北海道大学大学院環境科学院 博士後期課程(単位取得退学)
  • 2012 - 2014 北海道大学大学院環境科学院 博士前期課程
  • 2008 - 2012 北海道教育大学札幌校
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 (地独)北海道立総合研究機構 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所
  • 2018/04 - 2020/03 (地独)北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 工業試験場
  • 2015/04 - 2018/03 北海道教育大学札幌校 非常勤講師
委員歴 (1件):
  • 2019/10 - 2020/05 日本分析化学会 第80回分析化学討論会実行委員
受賞 (1件):
  • 2013/06 - 12th International Symposium on Electrokinetic Remediation, Third Poster Prize, Electrokinetic Remediation for Removal of Alkali Metal Ions from Contaminated Soil by Tsunami
所属学会 (2件):
日本化学会 ,  日本分析化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る