研究者
J-GLOBAL ID:201901000840092599   更新日: 2020年06月09日

伊原 航平

イハラ コウヘイ | Ihara Kohei
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (3件): 応用微生物学 ,  応用生物化学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 新規のリキッドバイオプシー技術を用いたアルツハイマー病診断法の確立
論文 (4件):
  • Y Koyanagi, R Suzuki, K Ihara, H Miyagi, H Isogai, H Yoneyama, E Isogai. Intestinal Clostridium species lower host susceptibility to enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 infection. Pathogens and Disease. 2019. 77. 4
  • Hayashi M, Kuroda K, Ihara K, Iwaya T, Isogai E. Suppressive effect of an analog of the antimicrobial peptide of LL-37 on colon cancer cells via exosome-encapsulated miRNAs. International Journal of Molecular Medicine. 2018. 42. 6. 3009-3016
  • S Kim, K Ihara, S Katsube, T Ando, E Isogai, H Yoneyama. Impact of charged amino acid substitution in the transmembrane domain of l-alanine exporter, AlaE, of Escherichia coli on thel-alanine export. Archives of Microbiology. 2016. DOI 10.1007/s00203-016-1279-4
  • Kuroda K, Suzuki R, Ihara K, Miyagi H, Watanabe H, Sato K, Hang’ombe BM, Mubita C, Isogai N, Mulenga E, Moonga L, Isogai H, Fukuda T, Yoneyama H, Isogai E. Detection of virulence genes of Escherichia coli and Salmonella spp. from fecal samples of Kafue lechwe (Kobus leche kafuensis) and pastoral cattle in the interface areas of Zambia. African Journal of Microbiology Research. 2013. 7. 6. 504-508
MISC (1件):
  • 伊原 航平, 勝部 哲, 松田敬一, 米山 裕. 畜産領域における抗生物質の利用と課題. 東北畜産学会報. 2016. 65. 3. 41-53
特許 (1件):
  • 疾患のバイオマーカーの検出方法、検出装置および疾患検査装置
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 東北大学大学院 農学研究科 生物産業創成科学専攻
  • 2012 - 2014 東北大学大学院 農学研究科 生物産業創成科学専攻
  • 2008 - 2012 東北大学 農学部 生物生産科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (2件):
  • 2019/06 - 現在 神戸大学 研究員
  • 2017/04 - 2019/05 株式会社ニチレイバイオサイエンス
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る