研究者
J-GLOBAL ID:201901000887468163   更新日: 2022年03月07日

宇治 梓紗

Uji Azusa
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.azusa-uji.com/
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (5件): 国際政治経済 ,  グローバル・ガバナンス ,  環境 ,  水俣条約 ,  計量
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2022 「開発金融に関わるグローバル標準の相克と収斂の政治経済分析」
  • 2018 - 2021 「グローバル・スタンダードの政治経済分析-開発援助を事例として」研究分担者
  • 2018 - 2019 "Institutional Foundation of Behavioral Reciprocity in Climate Governance"
  • 2017 - 2019 「水銀に関する水俣条約における三位一体の実現(# 17J02193)」
  • 2019 - 「環境条約交渉の政治学」
全件表示
論文 (13件):
  • Azusa Uji. Mercury Stories: Understanding Sustainability Through a Volatile Element (Book Review). Global Environmental Politics. 2022. 22. 1. 183-185
  • Azusa Uji, Aseem Prakash, Nives Dolsak, Jaehyun Song. Public support for climate adaptation aid and migrants: a conjoint experiment in Japan. Environmental Research Letters. 2021. 16. 12
  • 松尾晃孝, 鈴木基史, 宇治梓紗. 国際金融制度のテキスト分析-IMFとAMROの国別報告書の比較. 鈴木基史・飯田敬輔編著『国際関係研究の方法』東京大学出版会. 2021. 237-262
  • 宇治梓紗. 国際環境条約とUNEPによるオーケストレーション. 法学論叢. 2021. 189. 4
  • Liam F. Beiser-McGrath, Thomas Bernauer, Jaehyun Song, Azusa Uji. Understanding Public Support for Domestic Contributions to Global Collective Goods -Results from a survey experiment on carbon taxation in Japan-. Climatic Change. 2021. 166. 3. 1-20
もっと見る
書籍 (1件):
  • 『環境条約交渉の政治学-なぜ水俣条約は合意に至ったのか』
    有斐閣 2019
講演・口頭発表等 (27件):
  • "Supporting Climate Adaptation Overseas by Providing Climate Aid: A Conjoint experiment in Japan"
    (the 7th Annual Conference of on Environmental Politics and Governance, University of Oslo, Oslo, Norway.(online) 2021)
  • "Cooperation Spillover from Environment to High Politics? Paired Experiments in Japan and South Korea"
    (the 7th Annual Conference of on Environmental Politics and Governance, University of Oslo, Oslo, Norway. (online) 2021)
  • From Marine Plastic Cleanup to Security Cooperation? Issue Spillover in Public Attitudes towards Cooperation
    (Korea University Public Diplomacy Research Projects -special lecture- 2021)
  • "Supporting Climate Adaptation Overseas by Providing Climate Aid: A Conjoint experiment in Japan"
    (the 2021 WPSA Annual Meeting in Seattle, USA. (online) 2021)
  • "Cooperation between International Organizations for the Implementation of Multilateral Environmental Agreements: Evidence from the Minamata Convention"
    (the 62th ISA Annual Convention in Las Vegas, USA. (online) 2021)
もっと見る
学歴 (8件):
  • 2018 - 2019 スイス連邦工科大学チューリッヒ校 在外研究(日本学術振興会 若手研究者交流事業)
  • 2014 - 2018 京都大学大学院 博士後期課程 博士(法学)取得
  • 2015 - 2015 ハーバード大学大学院 (Government)在外研究(京都大学 ジョン万プログラム)
  • 2014 - 2014 ミシガン大学 ICPSR 政治社会学方法論サマースクール
  • 2012 - 2014 京都大学大学院 修士課程 修士(法学)取得
全件表示
学位 (1件):
  • 博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2021/11 - 現在 京都大学大学院 法学研究科 准教授
  • 2019/06 - 2021/10 京都大学大学院法学研究科 講師
  • 2019/04 - 2019/05 京都大学大学院法学研究科 特定助教
  • 2018/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)受入研究機関:京都大学公共政策連携研究部
  • 2017/04 - 2018/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)受入研究機関:京都大学法学研究科
受賞 (2件):
  • 2019/02 - 公益財団法人 松下幸之助記念財団 『松下正治記念学術賞』(平成30年度)
  • 2018/03 - 京都大学法学研究科 表彰『学術の発展に大きく貢献する特に優れた博士学位論文(法博第219号)』
所属学会 (3件):
日本政治学会 ,  世界国際関係学会 ,  日本国際政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る