研究者
J-GLOBAL ID:201901000993585217   更新日: 2020年07月27日

玉木 峻

タマキシュン | Tamaki Shun
所属機関・部署:
職名: 博士研究員
研究分野 (2件): 応用生物化学 ,  応用分子細胞生物学
研究キーワード (5件): カロテノイド ,  シトクロムP450 ,  酸化ストレス ,  レドックス ,  ユーグレナ
論文 (4件):
  • Tamaki S, Nishino K, Ogawa T, Maruta T, Sawa Y, Arakawa K, Ishikawa T. Comparative proteomic analysis of mitochondria isolated from Euglena gracilis under aerobic and hypoxic conditions. PLOS ONE. 2019. 14. 12. e0227226
  • Tamaki S, Kato S, Shinomura T, Ishikawa T, Imaishi H. Physiological role of β-carotene monohydroxylase (CYP97H1) in carotenoid biosynthesis in Euglena gracilis. Plant Science. 2019. 278. 80-87
  • Tamaki S, Yagi M, Nishihata Y, Yamaji H, Shigeri Y, Uno T, Imaishi H. Modification of N-Terminal Amino Acids of Fungal Benzoate Hydroxylase (CYP53A15) for the Production of p-Hydroxybenzoate and Optimization of Bioproduction Conditions in Escherichia coli. Journal of Microbiology and Biotechnology. 2018. 28. 3. 439-447
  • 玉木峻, 今石浩正. 真核光合成生物における シトクロム P450 型カロテン水酸化酵素( CYP97 )の機能解析. 植物科学最前線. 2018. 9. 80-89
MISC (2件):
  • 玉木峻, 加藤翔太, 篠村知子, 石川孝博, 今石浩正. 微細藻類ユーグレナのカロテノイド生合成系に関与するシトクロムP450の機能解析. 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集. 2017. 501st. 7
  • Ishikawa T, Tamaki S, Maruta T, Shigeoka S. Biochemistry and Physiology of Reactive Oxygen Species in Euglena. Advances in experimental medicine and biology. 2017. 979. 47-64
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 鳥取大学大学院 連合農学研究科 生物資源科学専攻
  • 2010 - 2012 島根大学大学院 生物資源科学研究科 生物生命科学専攻
  • 2006 - 2010 島根大学 生物資源科学部 生命工学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (鳥取大学)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 帝京大学 博士研究員
  • 2015/12 - 2019/03 神戸大学 博士研究員
受賞 (2件):
  • 2015/01 - 日本農芸化学会中四国支部 学生奨励賞
  • 2012/11 - ユーグレナ研究会 第27回研究集会若手優秀発表賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る