研究者
J-GLOBAL ID:201901001250845016   更新日: 2021年10月24日

吉田 秀樹

ヨシダ ヒデキ | Hideki Yoshida
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (5件): 胎児医学、小児成育学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  腫瘍生物学 ,  腫瘍生物学 ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (5件): 細胞療法 ,  ウイルス療法 ,  固形腫瘍 ,  造血器疾患 ,  小児科
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 CD19発現型AdVとCD19 CAR-T細胞を組み合わせた遺伝子細胞治療戦略 英文
  • 2020 - 2022 Rhabdoid tumorに対する新規腫瘍溶解性アデノウイルス製剤の開発
  • 2019 - 2021 CAR-T細胞の「疲弊」改善に寄与する共刺激因子発現型腫瘍溶解ウイルスの開発
  • 2018 - 2020 MYOG Promoter-Controlled Oncolytic Adenovirus to Treat PAX3-FOXO1- Positive Rhabdomyosarcoma
  • 2015 - 2017 ETP-ALLに対する新規治療の開発
全件表示
論文 (28件):
  • 大矢 曉, 吉田 秀樹, 宮地 充, 柳生 茂希, 勝見 良樹, 菊地 顕, 土屋 邦彦, 家原 知子, 山本 正人, 細井 創. Rhabdoid tumorに対するウイルス療法の開発. 日本小児科学会雑誌. 2021. 125. 2. 250-250
  • 小西 亮, 宮地 充, 吉田 秀樹, 柳生 茂希, 勝見 良樹, 土屋 邦彦, 家原 知子, 細井 創. 多発遠隔転移をきたした斜台原発INI1陰性poorly differentiated chordomaの一例. 日本小児科学会雑誌. 2021. 125. 2. 335-335
  • 眞弓 あずさ, 今村 俊彦, 冨井 敏宏, 三上 貴司, 田中 邦昭, 吉田 秀樹, 加藤 格, 川村 眞智子, 滝田 順子, 細井 創. SPAG9-JAK2融合遺伝子を有する白血病細胞はSTAT1-BCL-2/MCL-1 axisを活性化する(Activation of the STAT1-BCL-2/MCL-1 axis in leukemic cells with a novel kinase fusion gene SPAG9-JAK2). 日本小児科学会雑誌. 2021. 125. 2. 251-251
  • Hideki Yoshida, Mizuho Sato-Dahlman, Praveensingh Hajeri, Kari Jacobsen, Lisa Koodie, Chikako Yanagiba, Ryan Shanley, Masato Yamamoto. Mutant myogenin promoter-controlled oncolytic adenovirus selectively kills PAX3-FOXO1-positive rhabdomyosarcoma cells. Translational Oncology. 2021. 14. 2. 100997-100997
  • Yohei Sugimoto, Yoshiki Katsumi, Tomoko Iehara, Daisuke Kaneda, Chihiro Tomoyasu, Kazutaka Ouchi, Hideki Yoshida, Mitsuru Miyachi, Shigeki Yagyu, Ken Kikuchi, et al. The Novel Histone Deacetylase Inhibitor, OBP-801, Induces Apoptosis in Rhabdoid Tumors by Releasing the Silencing of NOXA. Molecular Cancer Therapeutics. 2020. 19. 10. 1992-2000
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • MYOG promoter-controlled oncolytic adenovirus with MEF2 mutation kills PAX3-FOXO1 positive rhabdomyosarcoma cells selectively
    (第61回日本小児血液がん学会学術集会 2019)
  • AdMG-MYOGp-E1-5/3F, MYOG promoter controlled oncolytic adenovirus, kills rhabdomyosarcoma cells selectively in vivo
    (51st Congress of the International Society of Paediatric Oncology 2019)
  • GD2 significantly promotes tumor incidence due to inducing angiogenesis in SH4 melanoma cell line
    (第78回日本癌学会学術集会 2019)
  • MYOG promoter-controlled oncolytic adenovirus, AdMG-MYOGp(S)-E1-5/3F, kills rhabdomyosarcoma cells selectively
    (第25回日本遺伝子細胞治療学会学術集会 2019)
  • AdMG-MYOGp(S)-E1-5/3F, MYOG promoter-controlled oncolytic adenovirus, selectively kills rhabdomyosarcoma cells
    (22nd Annual Meeting of American Society of Gene & Cell Therapy 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 京都府立医科大学 小児科学
  • 1998 - 2004 京都府立医科大学 医学科
学位 (2件):
  • 博士 (京都府立医科大学大学院)
  • PhD (Kyoto prefectural university of medicine)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 京都府立医科大学 小児科 助教
  • 2019/04 - 2020/03 京都府立医科大学 がんプロフェッショナル養成センター 特任助教
  • 2016/04 - 2019/03 ミネソタ大学 外科 基礎・トランスレーショナル研究部 ポスドク
  • 2012/04 - 2016/03 京都府立医科大学附属北部医療センター 小児科 副医長
  • 2008/04 - 2012/03 京都府立医科大学 大学院医学研究科 小児科 大学院生
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/05 - 米国遺伝子細胞治療学会 第22回ASGCT研究者渡航助成金 AdMG-MYOGp(S)-E1-5/3F, MYOG promoter-controlled oncolytic adenovirus, selectively kills rhabdomyosarcoma cells
  • 2014/11 - 日本小児血液がん学会 第56回JPHO優秀ポスター賞 JACLS ALL-02研究登録急性リンパ性白血病症例におけるL-asparaginase関連高血糖発症のリスク因子の検討
  • 2014/03 - 京都府立医科大学 第24回京都府立医科大学学友会青蓮賞 PAX3-NCOA2 fusion gene has a dual role in promoting the proliferation and inhibiting the myogenic differentiation of rhabdomyosarcoma cells
  • 2011/10 - 国際小児がん学会 第43回SIOP優秀ポスター賞 PAX3-NCOA2 plays a dual role in tumorigenesis of embryonal rhabdomyosarcoma
所属学会 (11件):
日本輸血・細胞治療学会 ,  国際小児がん学会 ,  米国遺伝子細胞治療学会 ,  米国血液学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本遺伝子細胞治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本造血細胞移植学会 ,  日本小児血液・がん学会 ,  日本血液学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る