研究者
J-GLOBAL ID:201901001526722886   更新日: 2020年06月23日

川原 正広

カワハラ マサヒロ | Masahiro Kawahara
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 知覚情報処理
研究キーワード (4件): 解決指向アプローチ ,  認知行動療法 ,  視覚イメージの個人差 ,  視空間情報処理
論文 (16件):
  • 川原正広. 心的イメージを用いた認知療法的介入法に関する研究動向について. イメージ心理学研究. 2017. 15. 25-30
  • 川原正広. 日本語版Dorsal-Ventral Questionnaireの作成と信頼性・妥当性の検討. イメージ心理学研究. 2015. 13. 1-13
  • 川原正広. シナリオを用いたイメージ訓練が主観的な感情体験に与える影響. 岩手大学大学院人文社会科学研究科研究紀要. 2013. 24. 1-10
  • Object-spatial imagery type of the Japanese college students. Psychology. 2013. 4. 165-168
  • 川原正広, 阿久津洋巳, 山本奬. 福祉系専門学生における精神的健康 -学校ストレスとコーピングの関係性の検討-. 岩手大学教育学部付属教育実践総合センター研究紀要. 2012. 11. 177-184
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • シナリオを用いたイメージ想起が主観的な感情体験に与える影響
    (日本心理学会第83回退会 2019)
  • 未来の自己像のイメージ想起が感情の変化に与える影響 -タイムマシンワークを用いた検討-
    (日本ブリーフサイコセラピー学会第27回 2017)
  • 心的イメージを用いた認知療法的介入法に関する研究動向
    (第17回日本イメージ心理学会シンポジウム「基礎と臨床をつなぐイメージ研究」企画者、司会者、話題提供者 2016)
  • チーム学校の一員:スクールカウンセラーとして大切にしたいこと
    (平成28年度岩手県スクールカウンセラー連絡協議会シンポジウム、パネリスト 2016)
  • 物体・空間イメージ型の個人差-日本人大学生のイメージ型の検討-
    (第13回日本イメージ心理学会 2012)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2015 岩手大学大学院 人間科学専攻臨床心理学領域(修士:学術)
  • 2005 - 2008 東北大学大学院 人間情報科学専攻(博士:情報科学)
  • 2002 - 2005 岩手大学大学院 社会科学専攻行動科学課程(修士:学術)
  • 1990 - 1994 東京電機大学 応用電子工学科(学位:電子工学)
学位 (1件):
  • 博士 (情報科学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 岩手大学 人文社会科学部
  • 2019/04 - 2020/03 新潟リハビリテーション大学 医療学部 准教授
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 日本イメージ心理学会 運営委員
  • 2018/04 - 2019/03 岩手県臨床心理士会 広報委員長
  • 2012/04 - 2014/03 現代行動科学会 理事
所属学会 (5件):
現代行動科学会 ,  日本ブリーフサイコセラピー学会 ,  日本イメージ心理学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る