研究者
J-GLOBAL ID:201901001569565202   更新日: 2020年06月04日

大竹 史明

Ohtake Fumiaki
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究キーワード (4件): シグナル伝達 ,  プロテオミクス ,  ユビキチン ,  タンパク質分解
論文 (5件):
  • Ohtake F, Tsuchiya H, Tanaka K, Saeki Y. Methods to measure ubiquitin chain length and linkage. Methods in enzymology. 2019. 618. 105-133
  • Ohtake F, Tsuchiya H, Saeki Y, Tanaka K. K63 ubiquitylation triggers proteasomal degradation by seeding branched ubiquitin chains. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2018. 115. 7. E1401-E1408
  • Tsuchiya H, Ohtake F, Arai N, Kaiho A, Yasuda S, Tanaka K, Saeki Y. In Vivo Ubiquitin Linkage-type Analysis Reveals that the Cdc48-Rad23/Dsk2 Axis Contributes to K48-Linked Chain Specificity of the Proteasome. Molecular cell. 2017. 66. 4. 488-502
  • Ohtake F, Saeki Y, Ishido S, Kanno J, Tanaka K. The K48-K63 Branched Ubiquitin Chain Regulates NF-κB Signaling. Molecular cell. 2016. 64. 2. 251-266
  • Okada M, Ohtake F, Nishikawa H, Wu W, Saeki Y, Takana K, Ohta T. Liganded ERα Stimulates the E3 Ubiquitin Ligase Activity of UBE3C to Facilitate Cell Proliferation. Molecular endocrinology (Baltimore, Md.). 2015. 29. 11. 1646-1657
MISC (3件):
  • 大竹 史明. ユビキチン鎖とNF-κB活性化. 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology. 2017. 68. 5. 569-575
  • 大竹 史明, 田中 啓二. 炎症応答を制御する新たなユビキチン・シグナル. 日本毒性学会学術年会. 2017. 44. 0. S11-3
  • 佐伯 泰, 土屋 光, 大竹 史明, 田中 啓二. ユビキチン修飾の全容解明を目指して:Parallel Reaction Monitoring 法によるユビキチン鎖の超高感度絶対定量法の開発と応用. 日本プロテオーム学会大会要旨集. 2016. 2016. 0. 33-33
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2019/12 - 現在 公益財団法人東京都医学総合研究所 協力研究員
  • 2019/12 - 現在 星薬科大学 特任准教授
  • 2016/04 - 2019/11 公益財団法人東京都医学総合研究所 主席研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る