研究者
J-GLOBAL ID:201901001829880190   更新日: 2021年04月06日

岡田 航

オカダ ワタル | Okada Wataru
所属機関・部署:
職名: PD
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (2件): 地域社会学 ,  環境社会学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 大規模社会変動後の地域におけるコモンズの再生成過程に関する研究
  • 2017 - 2017 都市近郊の森林をめぐる共同性の生成過程の研究
  • 2016 - 2016 「里山」の環境社会学的研究
  • 2014 - 2016 「里山の環境学」を現場から切り開く「せめぎ合う」里山概念の可能性
論文 (9件):
もっと見る
MISC (3件):
  • 岡田航. 林業経済学にとって〈森林文化〉とは何なのか. 林業経済研究. 2019. 65. 2. 24-27
  • 岡田 航. 庄内農業の特性をどのように考えればいいのか. 村落社会研究ジャーナル. 2017. 24. 1. 38-39
  • 岡田 航. 堀之内の里山ボランティア活動史. 多摩ニュータウン研究. 2012. 14. 142-151
書籍 (1件):
  • NPOの後継者:僕らが主役になれる場所
    水曜社 2015 ISBN:4880653616
講演・口頭発表等 (11件):
  • 郊外における民俗行事の方向性の多様化と担い手の論理-八王子市堀之内の道祖神祭を事例として
    (現代民俗学会年次大会自由報告 2018)
  • そこに暮らす者の視点から里山を考える
    (公益財団法人東京都公園協会主催多摩丘陵里山フォーラム 2018)
  • 地域社会の視点から都市近郊の里山を考える
    (国際青年環境NGO A SEED JAPAN主催オープンミーティング「地方創生・里山保全と核のゴミ~「地域との共生」、その本質とは?」 2017)
  • 「人と自然のかかわり」再考-東京都八王子市堀之内「堰山」を事例として
    (地域社会学会大会自由報告 2017)
  • 都市近郊資源利用の変容と日本近代-武蔵国多摩郡堀之内村誨育学校における学校林設置過程を例として
    (林業経済学会秋季大会自由報告 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(環境学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員 PD
  • 2020/04 - 現在 早稲田大学 人間科学部 教育コーチ
  • 2019/04 - 現在 文京学院大学 人間学部 コミュニケーション社会学科 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 駒沢女子大学 人間総合学群 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 都留文科大学 教養学部地域社会学科 非常勤講師
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/03 - 林業経済学会 学生論文賞
  • 2014/05 - 独立行政法人日本学生支援機構 特に優れた業績による第一種奨学金返還免除(全額)
所属学会 (7件):
多摩ニュータウン学会 ,  現代民俗学会 ,  林業経済学会 ,  日本村落研究学会 ,  地域社会学会 ,  環境社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る