研究者
J-GLOBAL ID:201901001991807928   更新日: 2020年09月16日

渡邊 勝太郎

Watanabe Katsutaro
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 認知科学
研究キーワード (3件): Linked Open Data ,  セマンティックWeb ,  科学計量学
論文 (13件):
  • 川村隆浩, 江上周作, 渡邊勝太郎. 研究内容の類似性に基づく科学技術マップの開発. Japio YEAR BOOK 2018 寄稿集. 2018. 216-227
  • Takahiro Kawamura, Katsutaro Watanabe, Shusaku Egami, Naoya Matsumoto, Mari Jibu. Content-based Map of Science using Cross-lingual Document Embedding - A Comparison of US-Japan Funded Projects. Proceedings of the 23rd International Conference on Science and Technology Indicators (STI2018). 2018. 385-394
  • Takahiro Kawamura, Katsutaro Watanabe, Naoya Matsumoto, Shusaku Egami, Mari Jibu. Funding map using paragraph embedding based on semantic diversity. Scientometrics. 2018. 116. 2. 1-18
  • Takahiro Kawamura, Katsutaro Watanabe, Naoya Matsumoto, Shusaku Egami, Mari Jibu. Science graph for characterizing the recent scientific landscape using paragraph vectors. Proceedings of the Knowledge Capture Conference, K-CAP 2017. 2017
  • Takahiro Kawamura, Katsutaro Watanabe, Naoya Matsumoto, Shusaku Egami, Mari Jibu. Science graph for characterizing the recent scientific landscape using paragraph vectors. Proceedings of the Knowledge Capture Conference, K-CAP 2017. 2017. 2:1-2:8
もっと見る
MISC (12件):
  • 江上周作, 渡邊勝太郎, 川村隆浩. Mapping Science -ナレッジグラフに基づく科学技術マップの高度検索と対話的操作の実現. 特集「2018年度研究会優秀賞受賞論文紹介」,人工知能. 2019. 34. 5. 675-676
  • 江上周作, 渡邊勝太郎, 川村隆浩. Mapping Science - ナレッジグラフに基づく科学技術マップの高度検索と対話的操作の実現. 人工知能学会研究会資料. 2019. SIG-SWO-047-13. 1-10
  • 川村 隆浩, 江上 周作, 渡邊 勝太郎. 研究内容の類似性に基づく科学技術マップの開発. 特許×AI特集, Japio YEAR BOOK 2018, 一般財団法人 日本特許情報機構. 2018. 80-91
  • 木村康則, 福島俊一, 小山健一, 鈴木慶二, 高島洋典, 中村亮二, 馬場寿夫, 藤井新一郎, 峯畑昌道, 茂木強, et al. 複雑社会における意思決定・合意形成を支える情報科学技術. 戦略プロポーザル 複雑社会における意思決定・合意形成を支える情報科学技術 平成30年. 2018. 51P
  • 川村隆浩, 渡邊勝太郎, 松本尚也, 江上周作, 治部眞理. Mapping Science - 飛躍が期待される科学技術領域の抽出 -. 第14回情報プロフェッショナルシンポジウム(INFOPRO2017). 2017. 119-124
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 科学技術文献データベースの比較:収録範囲を中心としたJST文献情報のベンチマーク
    (情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集 2017)
  • Mapping Science~飛躍が期待される科学技術領域の抽出~
    (情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集 2017)
  • Mapping Science ~文書ベクトルを用いた科学技術マップの作成と萌芽領域の抽出~
    (研究・イノベーション学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM) 2017)
  • たけとり:次世代研究者エビデンス収集・分析システムの開発
    (情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集 2016)
  • J-GLOBAL knowledge:JST情報資産のRDF化および分析基盤の構築
    (情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集 2015)
学歴 (2件):
  • 2012 - 2015 東京大学
  • 2007 - 2012 東京大学
学位 (1件):
  • 修士(学際情報学) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 2015/04 - 現在 Japan Science and Technology Agency
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 Linked Open DataチャレンジJapan LODチャレンジJapan実行委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る