研究者
J-GLOBAL ID:201901001996215417   更新日: 2021年09月13日

木村 司

キムラ ツカサ | Tsukasa Kimura
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://tsukasakimura.wixsite.com/home/top
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  実験心理学
研究キーワード (12件): 多感覚相互作用 ,  感覚減衰 ,  行為主体感 ,  予測 ,  注意 ,  触覚 ,  体性感覚 ,  多感覚統合 ,  脳波 ,  ERP ,  事象関連電位 ,  事象関連脳電位
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 長期的予測を支える認知処理メカニズムの解明
  • 2019 - 2021 感覚間予測機能における予測形成過程の解明
  • 2017 - 2021 単眼で視認する拡張現実ディスプレイの実際場面での利用-認知過程の解明と有効性検証
論文 (18件):
  • Manisha Verma, Yuta Nakashima, Hirokazu Kobori, Ryota Takaoka, Noriko Takemura, Tsukasa Kimura, Hajime Nagahara, Masayuki Numao, Kazumitsu Shinohara. Learners’ Efficiency Prediction Using Facial Behavior Analysis. Proc. 2021 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2021). 2021. 1084-1088
  • Akihiko Dempo, Tsukasa Kimura, Kazumitsu Shinohara. Perceptual and cognitive processes in augmented reality - comparison between binocular and monocular presentations. Attention, Perception, & Psychophysics. 2021
  • Tsukasa Kimura, Tatsuya Yamada, Yohko Hirokawa, Kazumitsu Shinohara. Brief and Indirect Exposure to Natural Environment Restores the Directed Attention for the Task. Frontiers in Psychology. 2021. 12. 2725
  • Tsukasa Kimura. Approach of visual stimuli facilitates the prediction of tactile events and suppresses beta band oscillations around the primary somatosensory area. NeuroReport. 2021. 32. 7. 631-635
  • Tsukasa Kimura. Multiple Spatial Coordinates Influence the Prediction of Tactile Events Facilitated by Approaching Visual Stimuli. Multisensory Research. 2021. 34. 5. 531-551
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • Learners’ Efficiency Prediction Using Facial Behavior Analysis
    (2021 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2021) 2021)
  • 拡張現実像に対する知覚・認知情報処理-事象関連脳電位による単眼・両眼提示間の比較-
    (日本心理学会第85回大会 2021)
  • 視覚情報による体性感覚事象の予測は体性感覚野近傍のベータ帯域振動を抑制する
    (第39回日本生理心理学会大会 2021)
  • Cross-phase Emotion Recognition using Multiple Source Domain Adaptation
    (The 14th International Conference on Bio-inspired Systems and Signal Processing (BIOSIGNALS2021) in The 14th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC2021) 2021)
  • Towards Multimodal Office Task Performance Estimation
    (2020 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2011 - 2016 関西学院大学
  • 2007 - 2011 帝京大学 心理学科
学位 (1件):
  • 博士 (心理学) (関西学院大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 大阪大学 産業科学研究所 助教
  • 2018/04 - 2019/03 大阪大学 大学院人間科学研究科 特任助教
  • 2017/04 - 2018/03 関西学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2018/03 佛教大学 教育学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 2017/03 関西学院大学 大学院文学研究科総合心理科学専攻 大学院奨励研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2019/05 - 現在 日本生理心理学会 編集委員会事務局
所属学会 (5件):
Cognitive Neuroscience Society ,  International Organization of Psychophysiology ,  SOCIETY FOR PSYCHOPHYSIOLOGICAL RESEARCH ,  日本生理心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る