研究者
J-GLOBAL ID:201901002226912272   更新日: 2020年07月29日

松本 充央

マツモト ミツヒロ | Matsumoto Mitsuhiro
研究分野 (2件): 高分子化学 ,  応用物理一般
論文 (3件):
  • M Matsumoto, T Asoh, T Shoji, T Nishiyama, Hideo Horibe, Yukiteru Katsumoto, Yasuyuki Tsuboi. Formation of a single poly(N,N-diethylacrylamide) micro-droplet in water by coupling of photothermal effects and an optical force. Journal of Physics: Conference Series. 2019. 1220. 012034
  • Mitsuhiro Matsumoto, Takanori Tada, Taka-Aki Asoh, Tatsuya Shoji, Takashi Nishiyama, Hideo Horibe, Yukiteru Katsumoto, Yasuyuki Tsuboi. Dynamics of the Phase Separation in a Thermoresponsive Polymer: Accelerated Phase Separation of Stereocontrolled Poly(N,N-diethylacrylamide) in Water. Langmuir. 2018. 34. 45. 13690
  • Taka-Aki Asoh, Takashi Nishiyama, Hideo Horibe, Yasuyuki Tsuboi, Kayo Fujiwara, Tatsuya Shoji, Mitsuhiro Matsumoto. Raman microspectroscopic study on an optically formed poly(N-isopropylacrylamide) rich microparticle: molecular weight dependence of a polymer concentration in the particle. Optical Manipulation Conference. 2018
講演・口頭発表等 (29件):
  • 光ピンセットを用いた高分子液滴の形成と構造解析
    (奈良工業高等専門学校物質創成工学専攻先端工学特論講演会(オンライン) 2020)
  • プラズモン光ピンセットを用いた高分子液滴の形成と分子抽出場への応用
    (OCU先端光科学シンポジウム-ナノフォトニクスが切り拓く分子運動・化学反応制御の探求- 2019)
  • 温度応答性高分子の水溶液のレーザー誘起相分離: 単一高分子液滴の顕微ラマン分光分析
    (第68回高分子討論会 2019)
  • 光ピンセットを駆使した温度応答性高分子が水中で形成する高分子リッチドメインのリッチ度合の分析
    (第65回高分子研究発表会(神戸)・65周年記念講演会 2019)
  • 光ピンセットにより形成した温度応答性ポリ(N,N-ジエチルアクリルアミド)マイクロ液滴の顕微分光分析
    (日本分析化学会近畿支部創設65周年記念講演会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2017 - 2020 大阪市立大学大学院 理学研究科 物質分子系専攻 博士課程
  • 2018 - 2019 スウィンバーン工科大学
  • 2015 - 2017 大阪市立大学大学院 理学研究科 物質分子系専攻 修士課程
  • 2013 - 2015 大阪市立大学 理学部 化学科
受賞 (3件):
  • 2018/11 - 日本分析化学会近畿支部創設65周年記念講演会 65周年記念奨励賞 光ピンセットにより形成した温度応答性ポリ(N,N-ジエチルアクリルアミド)マイクロ液滴の顕微分光分析
  • 2017/10 - 第7回CSJ化学フェスタ2017 優秀ポスター発表賞 光ピンセット法と顕微ラマン分光法を駆使した熱応答性高分子リッチドメイン中の高分子濃度の定量分析
  • 2016/12 - 9th Asian Photochemistry Conference (APC 2016) NPG asia materials Poster Award Kinetic Analysis for Thermally-Induced Phase Separation of Poly(N,N-diethylacrylamide) by a Transient Photometry Technique.
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る