研究者
J-GLOBAL ID:201901002339322307   更新日: 2024年07月12日

石田 和之

Ishida Kazuyuki | Ishida Kazuyuki
所属機関・部署:
職名: 主任教授
研究分野 (1件): 人体病理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2022 - 2025 原発性肺癌にみられるリンパ濾胞の癌微小環境における役割と臨床病理学的意義について
  • 2021 - 2024 肝外胆管癌における癌細胞の胃腸分化と癌間質マーカーの発現状態の検討
  • 2020 - 2023 高度肥満症に伴う非アルコール性脂肪性肝炎の病態解明と外科治療後の改善機序
  • 2019 - 2021 転移性肝腫瘍に対する人工知能(AI)を用いた治療効果予測の確立
  • 2017 - 2020 腺管分離法を用いたSNP arrayによる胆道癌のゲノムコピー数解析
論文 (199件):
  • Yasuo Shimizu, Yoshitomo Kushima, Ayae Tanaka, Akihiro Takemasa, Kazuyuki Ishida, Seiji Niho. Pulmonary granulomas confirmed in Blau syndrome using TBLC specimens: Case report. Frontiers in Medicine. 2024. 11
  • Takatsugu Matsumoto, Genki Tanaka, Shozo Mori, Maiko Niki, Shun Sato, Takayuki Shiraki, Yukihiro Iso, Kazunori Nagashima, Atsushi Irisawa, Yumi Nozawa, et al. A resected case of pancreatic head cancer developing 40 years after lateral pancreaticojejunostomy for chronic pancreatitis. Clinical journal of gastroenterology. 2024. 17. 3. 537-542
  • Shun Watanabe, Kan Suzuki, Kei Ogino, Sumiko Irie, Yuko Kamata, Shotaro Matsudera, Masahiro Hatanaka, Kazunori Kurosaki, Makoto Ishikawa, Mayuko Okuya, et al. A pediatric case of Burkitt's lymphoma with bile duct obstruction requiring surgical biliary reconstruction. Surgical case reports. 2024. 10. 1. 133-133
  • Yoshinori Horikawa, Kenichi Goda, Ryota Koyanagi, Masayuki Kondo, Keiichiro Abe, Akira Kanamori, Koichi Hamada, Kazuyuki Ishida, Atsushi Irisawa. Superficial esophageal squamous cell carcinoma with melanocytosis that was endoscopically difficult to differentiate from malignant melanoma. DEN open. 2024. 4. 1. e353
  • Yoshiaki Kitsukawa, Chonji Fukumoto, Toshiki Hyodo, Yuske Komiyama, Ryo Shiraishi, Aya Koike, Shuma Yagisawa, Yosuke Kunitomi, Tomonori Hasegawa, Wataru Kotani, et al. Difference between Keratinized- and Non-Keratinized-Originating Epithelium in the Process of Immune Escape of Oral Squamous Cell Carcinoma. International journal of molecular sciences. 2024. 25. 7
もっと見る
MISC (353件):
  • 松山欽一, 町田浩美, 加藤輝, 石崎里美, 永井多美子, 野田修平, 石川美保子, 石田和之, 石田和之. 腹水セルブロック検体の透過電子顕微鏡観察が高異型度漿液性癌の診断に有用だった一例 -セルブロック検体を用いた透過電子顕微鏡観察-. 医学検査. 2024. 73. 1
  • 石田 和之, 野沢 友美. 【膵嚢胞マネージメント,これ一冊】膵嚢胞性病変の病理. 消化器内視鏡. 2023. 35. 7. 867-877
  • 郷田 憲一, 増山 仁徳, 近藤 真之, 阿部 圭一朗, 吉永 智則, 金森 瑛, 富永 圭一, 石田 和之, 入澤 篤志. 【表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍(SNADET)の内視鏡診断と治療】総論 SNADETの疫学 微小病変の臨床的取り扱いに関する考察を含めて. 消化器内視鏡. 2023. 35. 6. 706-712
  • 石田 和之, 阿部 圭一朗, 郷田 憲一. 【食道ESD瘢痕近傍病変の診断と治療】食道ESD瘢痕部癌の病理組織学的特徴. 胃と腸. 2023. 58. 3. 259-266
  • 藤田雄治, 石毛崇, 人見浩亮, 渡邊峻, 渡邊峻, 大和田温子, 石田和之, 富永圭一, 吉原重美. 抗菌薬感受性に基づき除菌療法を行ったHelicobacter pylori感染による消化管出血の6歳男児. 日本小児科学会雑誌. 2023. 127. 8
もっと見る
講演・口頭発表等 (412件):
  • 6分間歩行検査で低酸素血症を呈した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫の1例
    (肺癌 2023)
  • 軽度の嚢胞性肺病変からクライオ生検で診断し得たリンパ脈管筋腫症(LAM)の1例
    (日本結核・非結核性抗酸菌症学会関東支部学会・日本呼吸器学会関東地方会合同学会プログラム・抄録集 2023)
  • 後腹膜肉腫における三次リンパ様構造(Tertiary Lymphoid Structures:TLS)の意義(Tertiary lymphoid structures correlate with better prognosis in retroperitoneal sarcoma)
    (日本泌尿器科学会総会 2023)
  • 腸管壁内に好酸球浸潤が認められた先天性多発小腸狭窄の1例
    (日本小児外科学会雑誌 2023)
  • 広範囲の肺野粒状影と全身のリンパ節腫大を示した胃原発絨毛癌の1剖検例
    (日本肺癌学会学術集会号 2023)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2020/02 - 現在 獨協医科大学 病理診断学 主任教授
所属学会 (8件):
日本腹部放射線学会 ,  日本膵臓学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本外科学会 ,  日本移植学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る