研究者
J-GLOBAL ID:201901002377884521   更新日: 2021年04月19日

權 純鎬

クォン スンホ | Kwon SoonHo
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (1件): 商学
研究キーワード (3件): 消費者行動 ,  マーケティング・コミュニケーション ,  マーケティング戦略
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2023 同一製品の形態の相違が消費者に及ぼす影響-デジタル財の利用促進に注目して-
論文 (4件):
  • 權純鎬. デジタル環境における心理的所有感の影響. マーケティングジャーナル. 2021. 40. 4. 66-74
  • 權純鎬. なぜ紙の本は消えないのか?-書籍の媒体選好における影響要因の検討-. 早稲田商学. 2020. 459. 51-68
  • 權純鎬. マーケティング・コミュニケーションにおける媒体効果と影響要因. JSMDレビュー. 2020. 4. 1. 9-16
  • 權純鎬. 媒体が消費者に及ぼす影響 -紙媒体と電子媒体の比較を中心に-. 早稲田商学研究科紀要. 2018. 87. 57-73
MISC (2件):
  • 恩藏直人、平木いくみ、權純鎬. オフィスBGMが社員間コミュニケーションに及ぼす効果. Sound Desgin for Office. 2020. 12. 8-11
  • 權 純鎬, 恩藏 直人. 生産財企業におけるモノ売りから コト売りへのシフト - 技術のダイキンによる新たな挑戦 -. マーケティングジャーナル. 2020. 39. 4. 86-96
講演・口頭発表等 (7件):
  • 書籍媒体の選択における影響要因の検討
    (日本消費者行動研究学会 第61回消費者行動研究コンファレンス 2020)
  • 物質主義が強い消費者にサブスクを利用してもらうには?-消費者マテリアリズムと心理的所有感が音楽サブスクリプションサービスの評価に及ぼす影響-
    (日本マーケティング学会 カンファレンス2020 2020)
  • 職務空間におけるBGMが社員間コミュニケーションに及ぼす影響 ー社会的距離を考慮した検討ー
    (日本商業学会 第9回全国研究報告会 2019)
  • 媒体に対する消費者意識とコミュニケーション評価-郵送とEメールによるクーポンへの反応-
    (日本消費者行動研究学会 第57回消費者行動研究コンファレンス 2018)
  • BGMがコミュニケーションに及ぼす効果-オフィスにおける生産性を考慮した検討-
    (日本消費者行動研究学会 第57回消費者行動研究コンファレンス 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2018 - 現在 早稲田大学 博士後期課程
  • 2016 - 2018 早稲田大学 博士前期課程
  • 2010 - 2016 青山学院大学 マーケティング学科
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 早稲田大学 商学学術院 助手
  • 2020/04 - 2021/03 千葉商科大学 サービス創造学部 非常勤講師
  • 2019/09 - 2020/09 和光大学 経済経営学部 非常勤講師
所属学会 (3件):
日本広告学会 ,  日本消費者行動研究学会 ,  日本商業学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る