研究者
J-GLOBAL ID:201901002602661103   更新日: 2024年04月30日

水上 遼

Mizukami Ryo
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 独立行政法人日本学術振興会  特別研究員(PD)
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (8件): イラク ,  シーア派 ,  ヒッラ ,  十二イマーム ,  イルハン朝 ,  美質の書 ,  スンナ派・シーア派関係 ,  イスラーム
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2023 - 2027 「スンナ派」と「シーア派」:自己意識と相互認識のイスラーム史研究にむけて
  • 2023 - 2026 15-17世紀の十二イマーム崇敬とスンナ派・シーア派関係
  • 2021 - 2023 中世イスラームにおけるスンナ派とシーア派の対話:十二イマームの美質の書の研究
  • 2019 - 2023 ムハンマド一族をめぐる諸言説に関する研究:イスラーム史研究の革新をめざして
  • 2018 - 2019 13-14世紀ヒッラのシーア派学者集団と対スンナ派関係:イマームの美徳の書編纂活動の研究
全件表示
論文 (8件):
  • Writing the Imam's Virtues under the Interconfessional Policy of al-Nāṣir li-Dīn Allāh: Ibn al-Biṭrīq al-Ḥillī and His Faḍāʾil Works. Knowledge and Power in Muslim Societies: Approaches in Intellectual History. 2023. 193-220
  • 水上 遼. スンナ派の十二イマーム崇敬とマフディー. 東洋文化. 2023. 103. 157-180
  • Ryo Mizukami. Interconfessional Dialogue on Faḍāʾil of the Twelve Imams: Rethinking the Confessional Boundary between Sunnism and Shiʿism in Medieval and Early Modern Islam. Orient: Journal of the Society for Near Eastern Studies in Japan. 2023. 58. 171-186
  • 水上 遼. 12-14世紀におけるイマームの美質の書編纂に関する研究:新しいスンナ派・シーア派関係史の試み. 東京大学大学院 人文社会系研究科(博士論文). 2023. 1-340
  • 水上 遼. イルビリー著『悲嘆の除去』におけるスンナ派文献の戦略的引用:超宗派的信仰として描かれる十二イマーム崇敬. 西南アジア研究. 2020. 91. 1-24
もっと見る
MISC (7件):
  • 水上 遼. 中世イスラームにおけるアリー崇敬. カースィアの説教:悪魔にいかに対処するか:カリフ・アリーの『雄弁の道』Nahj al-Balāghaより. 2021. 35-36
  • ハーシェム・ラジャブザーデ, 訳 水上遼, 編 森本一夫. ペルシャ文庫蔵ガージャール朝期 ペルシャ語文書コレクションについて. 明日の東洋学. 2018. 39. 2-6
  • 水上遼. (書籍紹介)Alexandra W. Dunietz著、The Cosmic Perils of Qadi Ḥusayn Maybudī in Fifteen-Century Iran. イスラーム地域研究ジャーナル. 2018. 10. 146
  • 水上遼. ラスール・ジャアファリヤーンと新出史料『タタル・モンゴルの王たちの諸事績』. UTCMESニューズレター. 2016. 8. 5-6
  • 水上遼. (新刊紹介)竹下政孝著『イスラームを知る四つの扉』. 史学雑誌. 2014. 123. 2. 125-126
もっと見る
書籍 (6件):
  • Guftārhā-yi Jāpān(日本での二講演)
    Idāra-yi Maʿārif-i Nawshāhīya (Islamabad, Pakistan) 2023
  • イスラーム文化事典
    丸善出版 2023 ISBN:9784621307663
  • オルジェイトゥ史:イランのモンゴル政権イル・ハン国の宮廷年代記
    名古屋大学出版会 2022 ISBN:9784815811051
  • カースィアの説教:悪魔にいかに対処するか:カリフ・アリーの『雄弁の道』Nahj al-Balāghaより
    龍谷大学国際社会文化研究所 2021
  • 語り合うスンナ派とシーア派:十二イマーム崇敬から中世イスラーム史を再考する
    風響社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • Spread of Imamophilia and Various Confessional Boundaries: A Study of Sunni and Shiʿi Faḍāʾil Works in the Premodern Islamic Lands
    (Roundtable: Persianate Studies in Japan 2024)
  • Quoting Ibn al-Jawzī for Justification of Imamophilia: Cases of Sibṭ Ibn al-Jawzī and ʿAlī b. ʿĪsā al-Irbilī
    (Exploring Connectivity around Medieval Islamic Political Thought and Beyond 2024)
  • A 14th-Century Faḍāʾil Work Rediscovered by the Safavids: An Analysis of Aḥsan al-Kibār and Its Oldest Manuscripts
    (International Workshop: Textual Transmission in the Islamic Manuscript Age: On the Variance, Reception and Usage of Ahsan al-Kibar and Qabusnama 2024)
  • “De-Shiʿitized” Veneration of the Twelve Imams: Khunjī’s Affirmation of Muḥammad b. al-Ḥasan’s Mahdīship
    (9th Biennial Convention of the Association for the Study of Persianate Societies 2023)
  • Venerating the Twelve Imams but Rejecting Shiʿi Theory: Shams al-Dīn al-Zarandī’s Sunni Identity in His Faḍāʾil Works
    (The Ḥijāz and the Making of Islamic History: Cultural and Social Engagements in Western Medieval Arabia (6th-10th/12th-16th c.) 2023)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2021 東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア史専門分野 博士課程
  • 2014 - 2017 テヘラン大学 人文科学部 歴史学科 研究生
  • 2010 - 2013 東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア史専門分野 修士課程
  • 2006 - 2010 早稲田大学 第一文学部 東洋史学専修
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2023/04 - 現在 東京大学 東洋文化研究所 西アジア研究部門 共同研究員
  • 2023/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2022/04 - 現在 慶應義塾大学 研究所・センター等 言語文化研究所 非常勤講師(担当科目:ペルシア語初級、ペルシア語中級)
  • 2022/04 - 現在 清泉女子大学 非常勤講師(担当科目:東洋文化史講義2、西アジア文化史特講b)
  • 2018/09 - 現在 聖学院大学 非常勤講師(担当科目:イスラム文明、イスラムと現代世界)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2013 - 現在 イスラーム地域研究若手研究者の会 幹事
受賞 (1件):
  • 2023/10 - 日本オリエント学会 日本オリエント学会奨励賞 Ryo Mizukami, "Interconfessional Dialogue on Faḍāʾil of the Twelve Imams: Rethinking the Confessional Boundary between Sunnism and Shiʿism in Medieval and Early Modern Islam," Orient 58 (2023), pp. 171-186.
所属学会 (6件):
西南アジア研究会 ,  The Association for the Study of Persianate Societies ,  日本中東学会 ,  日本オリエント学会 ,  内陸アジア史学会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る