研究者
J-GLOBAL ID:201901002602661103   更新日: 2021年10月25日

水上 遼

Mizukami Ryo
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (8件): イラク ,  シーア派 ,  ヒッラ ,  十二イマーム ,  イルハン朝 ,  美質の書 ,  スンナ派・シーア派関係 ,  イスラーム
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2022 中世イスラームにおけるスンナ派とシーア派の対話:十二イマームの美質の書の研究
  • 2018 - 2019 13-14世紀ヒッラのシーア派学者集団と対スンナ派関係:イマームの美徳の書編纂活動の研究
  • 2016 - 2018 ヒッラ学派と13、14世紀西アジア知識人社会:シーア派学問の発展とその影響
  • 2014 - 2016 イルハン朝下のイスラーム社会の変容:スンナ派・シーア派関係を中心に
  • 2013 - 2014 モンゴル帝国の西アジア支配とイスラーム社会の変容
論文 (5件):
  • 水上 遼. イルビリー著『悲嘆の除去』におけるスンナ派文献の戦略的引用:超宗派的信仰としての十二イマーム崇敬. 西南アジア研究. 2020. 91. 1-24
  • 水上 遼. 13-14世紀におけるスンナ派の十二イマーム崇敬とヒッラのシーア派学者集団:サドルッディーン・ハンムーイー著『二本紐の首飾りの真珠』に見られる宗派を越えた伝承教授. アジア・アフリカ言語文化研究. 2020. 99. 5-25
  • ハーシェム・ラジャブザーデ, 水上 遼, 森本一夫. ペルシャ文庫蔵ガージャール朝期 ペルシャ語文書コレクションについて. 明日の東洋学. 2018. 39. 2-6
  • 水上遼. Negāhī be zendegī va faʻʻālīyathā-ye ʻelmī-ye Ebn-e Fowaṭī: taʼlīf-e Majmaʻ al-Ādāb va ertebāṭ bā jāmeʻ-e rowshanfekrān. Āyene-ye Pazhūhesh. 2016. 157. 20-43
  • 水上遼. イブン・アル=フワティーの伝える13世紀後半の集団イジャーザ:バグダード・メッカ間およびバグダード・ダマスクス間の事例から. オリエント. 2014. 57. 1. 62-72
MISC (6件):
  • 水上 遼. 中世イスラームにおけるアリー崇敬. カースィアの説教:悪魔にいかに対処するか:カリフ・アリーの『雄弁の道』Nahj al-Balāghaより. 2021. 35-36
  • 水上遼. (書籍紹介)Alexandra W. Dunietz著、The Cosmic Perils of Qadi Ḥusayn Maybudī in Fifteen-Century Iran. イスラーム地域研究ジャーナル. 2018. 10. 146
  • 水上遼. ラスール・ジャアファリヤーンと新出史料『タタル・モンゴルの王たちの諸事績』. UTCMESニューズレター. 2016. 8. 5-6
  • 水上遼. (新刊紹介)竹下政孝著『イスラームを知る四つの扉』. 史学雑誌. 2014. 123. 2. 125-126
  • 水上遼. (新刊紹介)ワーエル・B・ハッラーク著、黒田壽郎訳『イスラーム法理論の歴史:スンニー派法学入門』. 史学雑誌. 2012. 121. 3. 105-106
もっと見る
書籍 (3件):
  • カースィアの説教:悪魔にいかに対処するか:カリフ・アリーの『雄弁の道』Nahj al-Balāghaより
    龍谷大学国際社会文化研究所 2021
  • 語り合うスンナ派とシーア派:十二イマーム崇敬から中世イスラーム史を再考する
    風響社 2019
  • 世界の図書館から:アジア研究のための図書館・公文書館ガイド
    勉誠出版 2019 ISBN:9784585200697
講演・口頭発表等 (15件):
  • スンナ派の十二イマーム崇敬とマフディー
    (東文研シンポジウム「ムハンマドの血筋とムスリム;預言者一族をめぐる多様な語りと語り手たち」 2021)
  • Writing the Imams’ Virtues under al-Nāṣir’s Interconfessional Policy: Ibn al-Biṭrīq and his faḍāʾil works
    (Exeter-Tokyo workshop: Inscribing Knowledge and Power in Islamic Societies: A Diachronic Study 2021)
  • Trans-sectarian Dialog on the Twelve Imams: Rethinking the Confessional Boundary between Sunnism and Shi'ism in Medieval Islam
    (Knowledge on the Move: Connectivities, Frontiers, and Translation in Asia 2021)
  • The Ḥillī Shiʿis Reacting to Imamophilia among Sunnis: A Study of Ṣadr al-Dīn al-Ḥammūyī’s (d. 1322) Farāʾid al-Simṭayn
    (Arguing the Place of the Prophet’s Family in the Persianate World (ASPS Virtual Event Series II) 2020)
  • スンナ派文献によってアリー崇敬を論じるシーア派学者: イブン・ビトリーク・ヒッリーと美質の書『支え』の編纂
    (2019年度 中東☆イスラーム研究セミナー(第20回) 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2021 東京大学大学院 アジア史専門分野 博士課程
  • 2014 - 2017 テヘラン大学 歴史学科 研究生
  • 2010 - 2013 東京大学大学院 アジア史専門分野 修士課程
  • 2006 - 2010 早稲田大学 東洋史学専修
学位 (1件):
  • 修士(文学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 東京大学 東洋文化研究所 特任研究員
  • 2021/04 - 現在 聖心女子大学 非常勤講師(担当科目:イスラム社会史入門)
  • 2020/04 - 現在 駒沢大学 非常勤講師(担当科目:イスラムと文化)
  • 2018/09 - 現在 聖学院大学 非常勤講師(担当科目:イスラム文明、イスラムと現代世界)
  • 2019/08 - 2021/03 東京大学附属図書館 アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL) 学術支援職員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2013 - 現在 イスラーム地域研究若手研究者の会 幹事
所属学会 (5件):
The Association for the Study of Persianate Societies ,  日本中東学会 ,  内陸アジア史学会 ,  日本オリエント学会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る