研究者
J-GLOBAL ID:201901002696815974   更新日: 2020年07月15日

原 峻平

Hara Shumpei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 流体工学 ,  熱工学
研究キーワード (3件): 境界層遷移 ,  レオロジー ,  乱流熱伝達
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 流動誘起ゲルの成長過程とその限界の解明
  • 2019 - 2021 流動誘起ゲル相転移を可逆・不可逆にするプロセス構築-ソフトマター作製の新たな戦略
論文 (14件):
  • S. Hara, S. Ebihara, Y. Kawaguchi. Influence of viscoelasticity on mixing performance of primary and secondary circulation flows in stirred vessels. Physics of Fluids. 2020. 32. 7. 075102-075102
  • Shogo Ebihara, Shumpei Hara, Yasuo Kawaguchi. Experimental study on mixing performance and flow characteristics of viscoelastic fluid flow in a model agitator. Proceedings of the 30th International Symposium on Transport Phenomena (ISTP30). 2019
  • Kazuki Ishii, Shumpei Hara, Yasuo Kawaguchi. Formation of gel-like shear-induced structure with dosing of dilute surfactant solution and its effect on turbulent channel flow. Proceedings of the 30th International Symposium on Transport Phenomena (ISTP30). 2019
  • Shumpei Hara, Tsukahara Takahiro, Yasuo Kawaguchi. Simultaneous measurement of turbulent momentum and mass fluxes in channel flow of viscoelastic fluid. Proceedings of the 11th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena (TSFP11). 2019. 63. 1-6
  • Shumpei Hara, Andrew J. Maxson, Yasuo Kawaguchi. Exergy transfer characteristics analysis of turbulent heat transfer enhancement in surfactant solution. International Journal of Heat & Mass Transfer. 2019. 130. 545-554
もっと見る
MISC (5件):
  • 原 峻平. オハイオ州立大学での留学体験. 理大科学フォーラム:東京理科大学科学教養誌. 2017. 34. 9. 56-59
  • 原 峻平. 流体若手夏の学校2016. ANNUAL REPORT OF THE MURATASCIENCE FOUNDATION. 2016. 30. 513-514
  • 原 峻平. 流体若手夏の学校2016の報告. 日本流体力学会誌ながれ. 2016. 35. 6. 507
  • Shumpei Hara, Ryusuke Ii, Takahiro Tsukahara, Yasuo Kawaguchi. Heat transfer enhancement caused by the meandering motion appearing in the backward-facing step flow with surfactant additives in high Reynolds number. Proceedings of the First Pacific-Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2016). 2016. PRTEC-14998. 1-5
  • 原 峻平. 界面活性剤添加による抵抗低減流れの乱流エネルギスペクトルに関する考察. 日本流体力学会誌ながれ. 2014. 33. 6. 531-538
講演・口頭発表等 (27件):
  • 平行二噴流における熱流動特性 渦放出現象による影響
    (第57回伝熱シンポジウム論文講演集 2020)
  • ゴムシート設置による平行平板間チャネル乱流の 圧力損失及び熱伝達特性への影響
    (第57回伝熱シンポジウム論文講演集 2020)
  • 界面活性剤水溶液の浸出によるゲル状SIS形成とチャネル流れへの影響
    (日本機械学会2019年度年次大会講演論文集 2019)
  • 粘弾性流体の撹拌器流れにおける流動と混合に関する実験的研究
    (日本機械学会2019年度年次大会講演論文集 2019)
  • Interaction of free-stream turbulence and discrete roughness on boundary-layer transition
    (IUTAM Symp. on Laminar-Turbulent Transition (IUTAM transition 2019) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2013 - 2018 東京理科大学 理工学研究科 機械工学専攻
  • 2009 - 2013 東京理科大学 理工学部 機械工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京理科大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 同志社大学 助教
  • 2018/04 - 2019/03 スウェーデン王立工科大学(KTH)訪問研究員
  • 2018/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員PD(資格変更)
  • 2017/04 - 2018/03 日本学術振興会 特別研究員DC2
委員歴 (1件):
  • 2016/04 - 2016/08 一般社団法人 日本流体力学会 流体若手夏の学校2016 実行委員会幹事
受賞 (2件):
  • 2020/05 - 公益社団法人 日本伝熱学会 2019年度 第58期日本伝熱学会学術賞 粘弾性流体の流動と伝熱特性の解明に関する業績
  • 2013/03 - 公益社団法人日本設計工学会 武藤栄次賞優秀学生賞
所属学会 (4件):
日本設計工学会 ,  日本流体力学会 ,  日本伝熱学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る