研究者
J-GLOBAL ID:201901002735866719   更新日: 2020年07月07日

城戸 貴志

キド タカシ | TAKASHI KIDO
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
研究キーワード (6件): 大気汚染 ,  原発性線毛機能不全 ,  びまん性肺疾患 ,  肺リンパ腫 ,  職業性肺疾患 ,  呼吸器内科
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2020 気管支鏡下における線毛運動直接観察法の確立
  • 2015 - 2018 気管支肺胞洗浄液を用いた肺リンパ腫・リンパ増殖性疾患の分子生物学的診断
  • 2013 - 2016 肺線維症診断における気管支肺胞洗浄液の電子顕微鏡下粉じん解析の有用性
  • 2013 - 2013 気管支肺胞洗浄による肺MALTリンパ腫の分子生物学的診断方法の開発
論文 (30件):
  • 花田 匡利, 及川 真人, 名倉 弘樹, 竹内 里奈, 石松 祐二, 城戸 貴志, 石本 裕士, 坂本 憲穂, 迎 寛, 神津 玲. 呼吸リハビリテーション 間質性肺疾患に対する呼吸リハビリテーション Conの立場から. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌. 2019. 29. Suppl. 103s-103s
  • Hanaka T, Kido T, Ishimoto H, Oda K, Noguchi S, Nawata A, Nakayamada S, Sakamoto N, Tanaka Y, Yatera K, Mukae H. Radiological patterns of pulmonary involvement may predict treatment response in rheumatoid arthritis: A retrospective study. Respiratory investigation. 2019. 57. 2. 172-182
  • Aritomi T, Kido T, Nakano K, Satoh Y, Noguchi S, Jotatsu T, Hanaka T, Satoh M, Tanaka Y, Yatera K. Small Cell Lung Cancer Patient with Anti-transcriptional Intermediary Factor 1γ Antibody Who Developed Dermatomyositis after Successful Chemoradiotherapy. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019. 58. 3. 427-431
  • Uchimura K, Yamasaki K, Hirano Y, Sakagami K, Kido T, Mukae H, Yatera K. The Successful Removal of a Broken Needle as an Unusual Complication of Endobronchial Ultrasound-guided Transbronchial Needle Aspiration (EBUS-TBNA): A Case Report and Literature Review. Journal of UOEH. 2019. 41. 1. 35-40
  • Tahara M, Yamasaki K, Ikegami H, Fukuda Y, Uchimura K, Tachiwada T, Noguchi S, Kawanami T, Kido T, Mukae H, Yatera K. [A Case of Drug-Induced Lung Injury Caused by Kamikihito]. Journal of UOEH. 2019. 41. 1. 51-56
もっと見る
MISC (58件):
  • 内村 圭吾, 山崎 啓, 平野 洋子, 阪上 和樹, 城戸 貴志, 迎 寛, 矢寺 和博. 超音波気管支鏡ガイド下針生検での稀な合併症である破損穿刺針の除去に成功した1例 症例報告と文献的考察(The Successful Removal of a Broken Needle as an Unusual Complication of Endobronchial Ultrasound-guided Transbronchial Needle Aspiration(EBUS-TBNA): A Case Report and Literature Review). 産業医科大学雑誌. 2019. 41. 1. 35-40
  • 田原 正浩, 山崎 啓, 池上 博昭, 福田 洋子, 内村 圭吾, 立和田 隆, 野口 真吾, 川波 敏則, 城戸 貴志, 迎 寛, 矢寺 和博. 加味帰脾湯による薬剤性肺障害の1例. 産業医科大学雑誌. 2019. 41. 1. 51-56
  • 立和田 隆, 野口 真吾, 城戸 貴志, 村松 圭史, 内藤 圭祐, 赤田 憲太朗, 川波 敏則, 浅川 剛, 松田 晋哉, 迎 寛, 矢寺 和博. DPCデータを用いた重症市中発症肺炎患者におけるステロイド投与の有効性. 日本呼吸器学会誌. 2018. 7. 増刊. 222-222
  • 内藤 圭祐, 野口 真吾, 鳥井 亮, 川波 敏則, 城戸 貴志, 久岡 正典, 矢寺 和博. CPC日常臨床から学ぶ この症例の新しい意義は? 呼吸器感染症や溶接工肺による続発性肺胞蛋白症が疑われた一剖検例. THE LUNG-perspectives. 2018. 26. 1. 4-7
  • 城戸 貴志, 村松 圭司, 浅川 剛, 大坪 宏樹, 久保 達彦, 藤野 善久, 松田 晋哉, 迎 寛, 真弓 俊彦, 矢寺 和博. ARDS診断・治療の最前線:標準治療への挑戦 過去に否定されたARDSに対する薬物療法の再評価 DPCデータを用いた検討. 日本救急医学会雑誌. 2017. 28. 9. 422-422
もっと見る
書籍 (5件):
  • 気管支鏡テキスト 改訂第3版
    医学書院 2019
  • 特発性肺線維症の治療ガイドライン2017.
    南江堂 2017
  • 気管支肺胞洗浄【BAL】法の手引き 改訂第3版
    京誠堂出版 2017
  • EBMを活かす呼吸器診療.
    メジカルビュー社 2015
  • Surviving ICU シリーズ,敗血症治療 一刻を争う現場での疑問に答える
    羊土社 2014
講演・口頭発表等 (8件):
  • リンパ増殖性疾患: 肺MALTリンパ腫.
    (第81回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会, 九州支部秋季学術講演会, 長崎, 2018. 2018)
  • このタイプのARDS なら、この薬が効く: シベレスタット.
    (第40回日本呼吸療法医学会学術集会 2018)
  • The impact of air pollution on the lung and systemic diseases, and the management.
    (Respire 10, the Annual Academic Sessions of Sri Lanka College of Pulmonologists in Kandy. Kandy, Sri Lanka, 2018. 2018)
  • 間質性肺疾患:さらなる病態の理解と治療への展望: 職業・環境と間質性肺疾患.
    (第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会 2017)
  • パネルディスカッション 救急医療とICT:ビッグデータ臨床研究の現況と展望. DPC データを活用した臨床研究.
    (第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1993 - 2009 産業医科大学 医学部 医学科
経歴 (3件):
  • 2019/06 - 現在 長崎大学病院 病院講師
  • 2017/04 - 2018/09 産業医科大学 准教授
  • 2006/06 - 2008/05 University of British Columbia fellow
委員歴 (2件):
  • 2018/02 - 2020/01 日本呼吸器学会 代議員
  • 2016/04 - 2019/03 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患研究事業「びまん性肺疾患に関する調査研究」班 研究協力者
受賞 (2件):
  • 2013/01 - 福岡県医学会 福岡県医学会総会 一般演題優秀賞
  • 2012/11 - 日本呼吸器学会九州支部 本呼吸器学会九州支部・秋季学術講演会 学術奨励賞
所属学会 (6件):
日本産業衛生学会 ,  日本医学教育学会 ,  日本救急医学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る