研究者
J-GLOBAL ID:201901002819647729   更新日: 2024年05月23日

入江 浩一郎

Koichiro Irie
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 免疫学 ,  社会系歯学
研究キーワード (4件): 自然リンパ球 ,  口腔常在菌 ,  口腔粘膜免疫 ,  予防歯科学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2022 - 2025 口腔常在菌叢のdysbiosisに着目した口腔粘膜疾患の病態の解明
  • 2021 - 2024 終末糖化産物に着目した食習慣からアプローチする歯周病リスクの検証
  • 2016 - 2018 歯周組織の免疫応答に対する常在菌の影響の検討
  • 2017 - 口腔常在菌による骨代謝ネットワーク機構の解明
  • 2014 - 2016 無菌・常在菌モデルマウスによる歯周疾患発症メカニズムの形態・免疫学的解明
全件表示
論文 (78件):
  • Koichiro Irie, Yuki Mochida, Nandin Uchral Altanbagana, Shinya Fuchida, Tatsuo Yamamoto. Relationship between risk of oral frailty and awareness of oral frailty among community-dwelling adults: a cross-sectional study. Scientific Reports. 2024. 14. 1. 433
  • 入江 浩一郎, 持田 悠貴, アルタンバガナ ナンデン ウチラル, 渕田 慎也, 東 哲司, 岩井 浩明, 米永 崇利, 笹井 保之, 友藤 孝明, 山本 龍生. 現在歯数28歯以上と28歯未満の成人集団における歯の喪失に関連する要因の違い-5年間のコホート研究-. 口腔衛生学会雑誌. 2023. 73. 4. 279-286
  • Koichiro Irie, Tetsuji Azuma, Takaaki Tomofuji, Tatsuo Yamamoto. Exploring the Role of IL-17A in Oral Dysbiosis-Associated Periodontitis and Its Correlation with Systemic Inflammatory Disease. Dentistry Journal. 2023. 11. 8. 194-194
  • Koichiro Irie, Tatsuo Yamamoto, Tetsuji Azuma, Komei Iwai, Takatoshi Yonenaga, Takaaki Tomofuji. Association between Periodontal Condition and Fat Distribution in Japanese Adults: A Cross-Sectional Study Using Check-Up Data. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2023. 20. 3. 1699-1699
  • Koichiro Irie, Midori Tsuneishi, Mitsumasa Saijo, Chiaki Suzuki, Tatsuo Yamamoto. Occupational Difference in Oral Health Status and Behaviors in Japanese Workers: A Literature Review. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022. 19. 13. 8081-8081
もっと見る
MISC (4件):
学歴 (2件):
  • 2007 - 2011 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 予防歯科学分野
  • 2000 - 2006 岡山大学 歯学部
学位 (1件):
  • 博士 (歯学) (岡山大学)
経歴 (6件):
  • 2024/04 - 現在 文部科学省高等教育局医学教育課 技術参与
  • 2022/09 - 現在 神奈川歯科大学 歯学部 健康科学講座 准教授
  • 2019/09 - 2022/08 明海大学歯学部口腔衛生学講座 講師
  • 2017 - 2019 米国コロンビア大学メディカルセンター 微生物・免疫部門 博士研究員
  • 2015 - 2017 岡山大学病院予防歯科 講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2021/05 - 日本口腔衛生学会 2020年度 論文奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る