研究者
J-GLOBAL ID:201901002835077568   更新日: 2021年04月20日

鈴木 瑞恵

Suzuki Mizue
所属機関・部署:
研究分野 (2件): リハビリテーション科学 ,  高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (4件): リハビリテーション栄養 ,  介護予防 ,  サルコペニア ,  摂食嚥下
論文 (21件):
もっと見る
MISC (9件):
  • 鈴木瑞恵. サルコペニア対策の最前線 4 サルコペニアと摂食嚥下障害. レジデント. 2020. 13. 3
  • 鈴木瑞恵. 地域在住高齢者における日常発話量の質問紙調査-性別および年齢階級別の特徴-. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web). 2019. 25th
  • 國枝洋太, 國枝洋太, 荒川千晶, 石山大介, 西尾尚倫, 鈴木瑞恵, 伊藤大将, 田口涼太, 菊池智恵, 増田浩了, et al. 年齢別の地域在住高齢者における運動と認知課題の二重課題トレーニングが認知機能変化に及ぼす効果. Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. Autumn
  • 鈴木瑞恵. リハ栄養あるある...2)回復期にやってきたパーキンソン病・サルコペニア・重度摂食嚥下障害. リハビリテーション栄養. 2018. 2. 2
  • 鈴木瑞恵, 鈴木瑞恵. 誌上カンファレンス:失敗症例から学ぶリハ栄養 2.Pro and Con[1]誤嚥性肺炎発症時は Con|リスクの低減を優先. 臨床栄養. 2017
もっと見る
書籍 (6件):
  • レジデント3月号「サルコペニア対策の最前線」
    医学出版 2020
  • 平成30年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業) 「介護予防の取り組みによる社会保障費抑制効果の検証および 科学的根拠と経験を融合させた介護予防ガイドの作成」
    国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 2019
  • エピソードで学ぶ転倒予防78 : 医療・介護・在宅でのコモンプロブレムへの介入
    文光堂 2018 ISBN:9784830645662
  • リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル
    日本医事新報社 2018 ISBN:9784784947263
  • 「臨床栄養」別冊 リハビリテーション栄養UPDATE 医原性サルコペニアの廃絶をめざして
    医歯薬出版 2017
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2019 - 現在 筑波大学 生涯発達科学専攻
  • 2017 - 2019 筑波大学 生涯発達専攻
  • 2005 - 2007 専門学校日本聴能言語福祉学院 聴能言語学科
  • 2001 - 2005 筑波大学 人文学類
学位 (2件):
  • 修士(リハビリテーション) (筑波大学)
  • 学士(人文学) (筑波大学)
委員歴 (2件):
  • 2019/11 - 現在 日本リハビリテーション栄養学会 代議員
  • 2016 - 現在 神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会 川崎地区世話人
所属学会 (4件):
日本臨床栄養代謝学会 ,  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 ,  日本リハビリテーション栄養学会 ,  日本言語聴覚士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る